« Blue Horizon  | トップページ | 懐かしい思い出・・・。(前編) »

2006年8月31日 (木)

The Fray ♪

_002_2 How to save a life ~こころの処方箋

なんて言う

私的にグッとそそられるタイトル名が付いている

The Fray (フレイ)という新人バンドのデヴューアルバム。

冒頭から

何処か懐かしさを感じさせるような

ピアノのメロディーから始まるこのアルバムを

聞いて私は

CDの帯に

「全米シングルチャート~・・・なんたら・・・かんたら・・・・・。」

わざわざ書いてあるのにも関わらず

「おぉ~。UKバンドだけど、全米デヴューか・・・?」

なんて

大間抜けなことを思いながら、聴いていた・・・。

調べてみると

やっぱりというか、普通に

「んな~、こた~無い。」

当たり前だ。

コロラド州はデンバー出身のベースレスの4ピースバンド。

(ボーカル/ピアノ、ギター、ギター、ドラムスの編成)

「コロラドのデンバー???」

と思った人はかなりの音楽好き。

私は?と言うと

このアメリカ離れ(アメリカンロックも大好きよん!)した

メロディーというか、ポップな感じが引っかかり

UK出身か?と思ったぐらいの出来・・・。

ま~、そのくらい

今どきの西海岸系のロックには無い

新鮮さというか、爽やかさが感じられるメロディーなのである。

のは、間違いない。

実際

全然海から遠いところなワケなんだけど・・・。

そして

メンバーは全員、まだ20代前半という若さにも驚いた。

この若さで、この音ですか・・・

やっぱり、世界は広い・・・。

んで

その、「音」なんだけど

ボーカル兼ピアノのアイザック・スレイドの魅力を

全面的に押し出して

けっこう音的にも、日本人がとっつき易い感じになっていると思う。

「こりゃー、日本でも当たるなぁ~・・・。」

なんて

偉そうに、勝手に評価させてもらった。

私がだけど・・・。

Frayのいろいろな評価を見てみると

私も同じように感じたのだが

ココでも最初に取り上げたことのある「キーン」や

「コールドプレイ」といった

UKのピアノロッカーたちと比較をされるらしい。

なので

「キーン」や「コールドプレイ」などが好きな人には

とってもおススメなのは、言うまでもないだろう・・・。

気になる人はチェックしてみて下さい。

んで

話は全然変わるが

「ピアノ」で

突然、思い出した人がいる・・・。

私のお袋側の親戚スジには

何故かウチ以外

芸術家思考というか、ソッチ関係の人が多い。

その親戚スジの、私より少し年上の「あるお姉さん」に関わる話。

そのお姉さん

もちろん、熱心(?)な音楽家で

ロシアの方に留学して

これまた結構な楽団に所属して、活躍していたぐらいのお人。

そのロシア遠征中に

現地(ロシア)の結構著名なピアニストと恋仲(古い?)になり

結婚して子供も出来た。

そんで

その著名なピアノマンの旦那様なんだけど

ロシアでは、不景気の具合が半端では無いらしく

結構著名な音楽家なんて言っても

食って行くことさえままならないってことで

すったもんだと大変苦労した末

私達が体験することは絶対無いってほどの「覚悟と苦労」で

ほぼ「亡命」に近い形になりながら

嫁さんの国でもある、この日本にやって来たのだ。

その旦那さんが日本に来てからしばらく経って

私はその方達と

親戚の法事でお会いして、話をする機会があった。

そのロシアから来たピアノマンの

ずば抜けて巨大な外見も意外だったが

やはり中身は著名な芸術家らしく、秀才っぽくて、英語もペラペラ。

私のカタコト英語で

「今、日本で何してるの?コンサートとかやってるの?」

的なことを、聞いてみた。

すると

返ってきた彼からの言葉は

「トウフショクニン」

私は

「・・・え?」

3回繰り返して聞いてしまったが

返ってきた言葉は、全て同じだったため

「へ~、ロシアでは面白い言葉があるんだな~。」

なんて

感心して

「トウフショクニン」

がロシア語では、一体どういった意味を持つのか

彼の嫁さんである、親戚のお姉さんに問いかけてみた。

すると、

そのお姉さんが

「ああ~。そうそう。豆腐職人。

この人、今こっちで、近所の豆腐屋さんで、豆腐作ってんの。」

と、あっさり。

「え?・・・トウフショクニンて・・・そのまま、豆腐職人なの?」

と、あわてて確認した私。

「そうだよ。」

と、またあっさり返された。

「・・・・・。」

ピアノマンと、豆腐のコラボレーションなんか

絶対に想像できなかった私。

日本・・・いや、おそらく

世界中見渡しても、こんな不思議な組み合わせは無いだろう・・・。

思った。

笑いを超えて、ビビリさえも感じた意外な答えに

思わず私は

旦那さんの巨大な体格に合う

豆腐を作る仕事着の心配さえもしてしまったくらいだ・・・。

そして

今も彼は

一生懸命おいしい豆腐作りに、汗を流しながら頑張っている。

この豆腐職人としての活動が

この後の

彼のピアニストとしての

大きな飛躍の原動に役立っている。

・・・・・・・

・・・

か、どうかは、

・・・・・

謎である・・・・・。

|

« Blue Horizon  | トップページ | 懐かしい思い出・・・。(前編) »

コメント

おっもしろかったです^^
とーふしょくにん!
今、コールドプレイを聞いてるのですが
フレイ・・・チェックしておきます。

投稿: エコー | 2006年8月31日 (木) 08:46

>エコーさん
まるで漫画の話のようですが、このピアノマンは今でも豆腐職人の腕を磨きながら、音楽活動もしっかり行っています。
何故、「ピアノ」と「豆腐」なのかは本当に理解に苦しむのですが、
今後、飛躍した彼の
「豆腐職人姿で奏でるピアノのコンサートを見てみたい!」
つーのが、私の願いです。
「フレイ」チェックしたら、感想兼ねて、また遊びにきて下さい。
よろしく!LOVE!!

投稿: Yupee | 2006年8月31日 (木) 10:34

今、お気に入りでFRAY聴いてます。
デンバーといえばカントリー?
日本でいえば演歌みたいなもんでしょうか?
アメリカのチャートはヒップホップとヘヴィーロック人気ですがこんなのも人気あるのはうれしいですよね。
TBさせてください。

投稿: motti | 2006年9月 1日 (金) 17:56

>mottiさん
どもども。訪問ありがとうございます。
私の車の中でも、「Fray」はヘビロテです。
>デンバーといえばカントリー?
と、連想するのはマトモです。素晴らしいです。
そして、しっかりと音楽好きですね。
教養ある私は、
「デンバー???ナニ県よ?」
ってくらいの感覚でありました・・・。
>TBさせてください。
どうぞお願いします。
あと
音楽ネタは私の独断と偏見で、好き勝手に評価しているので、広い心で読んでやって下さい。
是非、また遊びに来てください。

投稿: Yupee | 2006年9月 1日 (金) 19:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184770/11693917

この記事へのトラックバック一覧です: The Fray ♪:

» How To Save A Life / The Fray [ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!]
最近ポップでソフトなロック寄り嗜好な...。 そもそもオッサンだしな。 How to Save a Lifeposted with amazlet on 06.09.01The Fray Sony/Epic (2005/09/13)売り上げランキング: 34,393おすすめ度の平均: 最高で... [続きを読む]

受信: 2006年9月 1日 (金) 17:40

« Blue Horizon  | トップページ | 懐かしい思い出・・・。(前編) »