« こんな日があるから・・・ | トップページ | 冬支度。。。 »

2006年10月17日 (火)

Everything but the girl ♪

Al0000012616_large 書きたいことが、山ほどある日常の中

書き留める時間に余裕が無いのも

考えものである・・・・・。

何故か音楽ネタなのだ。

Everything but the girl (以後、E・B・T・G)の

「Like the deserts miss the rain」というアルバム。

私達年代で

サーファーやそれ系の人達であれば

E・B・T・G のファンはけっこう多いと思う。

私も E・B・T・G は

超が付き過ぎる程、大好きなのだ。

でもって

特に、このアルバムは

一番のお気に入りってことで、とっくに記事にして

ココに乗せたかったワケなのだが

以前このBlogにも登場させたことがある

良き友人でもあり、後輩のMr.K君に貸したまま

何ヶ月も行方不明になり

幾度の催促と、抗議の連絡の末

やっと・・・やっと、私の元に無事、かえってきたのである・・・・・。

つーことで

E・B・T・G のことを簡単に紹介。

ベン・ワット(男性)とトレイシー・ソーン(女性)のユニット。

1982年結成されたので

今年でなんと、24年目を迎える

大御所と呼んでも差し支えない程の経歴。

懸命なファンの方ならご存知かも知れないが

その24年にも及ぶ音楽活動の中で

これほど見事に、そして見違えるように

自分達の音楽性を追求し続け

尚且つ

コアなファンに、そのスタイルさえも支持され

最先端の音楽シーンで活躍ているアクトは先ずいないと思う。

大体は、音楽性そのものが変わってしまうと

それまでのファンは離れてしまったり

新しいファンに受け入れられなかったりと

うまくいかないことの方が多い。

いや、むしろ、うまくいかないものである・・・。

しかし

この E・B・T・G は

その音楽の方向性の転換を

自分達の可能性と、より新しい音楽の追及の末

「進化」という形で、スムーズに成し遂げているのだ。

素晴らしい!

けれど

必ずしもそれは順調にいったことではない。

ユニットとして、油が乗り、活躍していた時期に

ベン・ワットは、人生を変える原因不明の難病にかかり

何度も生死の境をさ迷い、想像すらできない程の困難を迎える・・・・・。

(その難病で、一時体重も35Kgにまで落ちたというから半端じゃない!今は何とか落ち着いてはいるが、まだ闘病中であることに変わりはない。)

そのベンをずっと支えたのが

ユニットのパートナーでもあるトレイシー・ソーンだ。

二人はそれまでの Everything but the girl の中での

パートナーという関係から

新たに結婚という、一つの節目をたどり

今では公私共に良きパートナーとなり

双子の良き父、母にもなっている。

なんともドラマチックな話ではありませんか・・・・・。

このアルバムである。

以前にもベストアルバム

「ホーム・ムーヴズ:ベスト・オブ・ザ・エヴリシング・バット・ザ・ガール」

が発売(93年)されているが

作品の大きな転換期となったアルバム、「哀しみ色の街」以降の音楽が

多用に収録されているベストアルバムは無い・・・。

思っていたら

このアルバムを発売してくれた!

このアルバムを最初に手にした時は

私は嬉しくて

店頭を出ながら、CDのフィルムを開けたことを覚えているくらいだ・・・。

しかも

聴いてビックリ!見てビックリ!

嬉しいことに

以前のベストアルバム前の曲も収録され

トレイシーが「マッシヴ・アタック」と組んで話題となった

「PROTECTION」 はもちろん

果ては有名DJによるREMIX曲まで・・・・・。

E・B・T・G ファンにはたまらない

これまでの E・B・T・G の「裏ベストアルバム」的な内容になっているのだ!

もうね

すごい嬉しい内容なのよ。

私にとっては・・・・・。

しかも

昔の曲を

今の E・B・T・G ふうに、アレンジとかしちゃってるワケなんですよ。

そして

B面バラードをも、所々に散りばめた内容にしてくれちゃってるもんだから

これ一枚で E・B・T・G ファンとしては

「お腹いっぱいのご馳走様!!」

って、感じにさせてくれるんですね!

ついつい、熱くなってしまったが

このアルバムは全般にしっとり甘々。

大人のおしゃれな雰囲気を

十分感じさせる内容となっております。

まだ

E・B・T・G の音楽の世界に触れていない方

もしくは E・B・T・G 好きだけど

まだこのアルバムをチェックされていない方

是非、チェックしてもらいたいと思います。

このアルバムの良さは

「今時のガキにはわかんね~だろうな~!」

なんて

思って聴いている私も

まだまだ

ケツの青いガキなんだけどね・・・・・。

・・・・・

・・・

って

ケツで思い出したけど

頭髪に半比例するように

体毛が年齢と共に濃くなる一途を歩んでいる私の体。

あいにくというか、まだ

「背毛」や「尻頬毛(ケツのホッペの毛ね)」までは

至ってないワケであるが

ずいぶ~ん前に

ウ○コをして、ある程度奇麗に拭き取った

最後の拭きで

手にしたペーパーに、「毛」がくっついていたのを

最初に気が付いた時を思い出した・・・・・。

あの時は、何故か、相当落ち込んだ記憶がある・・・・・。

「え~!!マジ~?!!オレ、こんなトコまで毛が生えてるのぉぉぉ~・・・?!」

と。

・・・・・

・・・

若かったな・・・・・。

今はそんなこと、微塵も気にしちゃいない・・・・・。

そんな思いって、オレだけか?

・・・・・

・・・

オレだけか・・・・・。

|

« こんな日があるから・・・ | トップページ | 冬支度。。。 »

コメント

(*ノェノ)キャー
そんなとこまで毛が。。。。。。。
もっとすごいことになってるかもよ~!?
( ̄∇+ ̄)vキラーン

投稿: ☆mitsu☆ | 2006年10月17日 (火) 22:15

>☆mitsu☆さんどもども。
はいはい。もっとすごいことになってますよ。なってますよ。
そんなこた~
気にしちゃいけません。。。
裸でサーフして、WAXに胸毛やらが付いて
まるでボードから毛が生えたようになってても
そんなこた~
気にしちゃいけません。。。
気にしちゃぁぁぁ・・・・・

投稿: Yupee | 2006年10月17日 (火) 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184770/12316058

この記事へのトラックバック一覧です: Everything but the girl ♪:

« こんな日があるから・・・ | トップページ | 冬支度。。。 »