« 2006年11月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

2月も終わる.....

Img_0732_3この頃また寒さが

カットバックして来た感じさえするが

こんな綺麗な河津桜を見ると

春も確実にやってきてるんだな~。なんて思うのはサーファーだけではないハズ。

普段は結構静かな河津町がこの時期

何処からと無く現れる沢山の観光客に賑わう光景がそのことを感じさせる。

そして

年間を通して海に通い続けている私達サーファーは

誰よりも暖かい季節を待ち望む人種かも知れないと思う。

そんなことを思ったりして、今年の冬はというと

私的には、本当に季節感を感じさせない、不思議な冬だったと思う。

確かに気温の寒~い日もあり、風の冷た~い日もあったりしたのだが

海の海水温が去年と比べると全然暖かいのだ。

も~ほんと、去年の激冷たい海水を経験し

おもいっきり寒さ対策を施したことがバカらしくなるくらいなのだ・・・・・。

それでも伊豆の人達は冷たい風の対策のため

ブーツ等を装備して、海に入っているのだが

すんげ~寒い東北の冬の海を経験している私と嫁さんから言わせれば

も~ね、今年の伊豆の海、ぬるま湯です。

大袈裟に感じるかもしれないが、正月明け仙台からこっちに遊びに来ていた

OJM兄弟に偶然あったら

「すっげ~あったけ~!!」

と言って喜んでサーフィンしていたし・・・・・。

朝一、あまりにも気温と水温の温度差があり、湯気っていたこともあった。

ん~・・・・・

海が暖かいのはサーファーとしてありがたいし嬉しいことだけど

こんなにも極端になってくると

恐ろしくも感じるね・・・・・ほんと。

更に、海水量が目に見えて増えてるように感じたのも、ここ何年で地形が

目まぐるしくかわり過ぎるビーチの状況からも分かる。。。。。

大丈夫なのか地球?

近い内にとんでもないシッペ返しが人間にやってくるのか?

それとも、もう始まっているのか?

たぶん・・・気が付いた時には・・・・・

なんてことが、ほんと~に起きないように

何とか次の世代、その次の世代・・・永遠に美しい自然(もの)を

なんとかそのまま受け渡したいものである。

結局は人間も自然の一部だし、共存無しではお互い生きてはいけないってことを

必ずワカラサレルことになるのにね。。。

ゴミ分別してますか?

無駄なゴミ作ってませんか?

なんとかなると思ってませんか?

なんとかしようと行動したことありますか?

今がそのときなんじゃないですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

こっそりと復活.....

010_1 殺人的な仕事のスケジュールに加え

PCの調子の悪さも重なり、かな~りの間Blogの更新も

しなかった。。。

こんな私のような人間は、Blogなどやることが間違いだと

いろんな面でワカラサレている今日この頃

果たしてココを見てくれる人が、まだいてくれるのか?

なんてことを考えながら、何事も無かったようにこっそり復活してしまえ!

ってなことで

今日からまた、つまらない話を綴ってみようかなと・・・・・。

更新の無い間

ココを気に掛けて、私を知る一部の方達から

ありがたい心配や苦情の数々を沢山、直接頂いた。

そんな、愛すべき皆様にこの場で、一言お礼と謝罪を申し上げます。

スンません!!

つーことで

久々復活ってワケで日曜日、いつものように海へ行ってまいりました。

肝心の波はあるもの、吹き続ける東風とまとまりの無い東うねりのため

私のホームポイントも最悪のコンデション。。。。。

ってことで

潮の引いた頃を見計らって、少し上に上がった某ポイントへ・・・

ここは、東風をかわし、更に東うねりに反応してくれる

伊豆ではとっても貴重なポイント。

波は沖にあるリーフの棚からインサイドのサンドバーに向かって割れる。

インサイドのサンドバーの形に良し悪しが影響するのだが

決ればかなりいい思いをすることができる。

しかし、こんな時はエキスパート達の絶好のポイントとなるため

「ワカッテル奴」しか受付けないことは言うまでもない・・・・・。

んで、この日の波は

サイズは肩、頭~オーバーヘッドかな。

たまにお掃除セットも入ってくるが、いい波も来るのでOKだろう。

でも、こんな時はやはり人もけっこう入っている・・・・・。

しかし、良く見ていると、この日の雰囲気をまとめていたのは

一部の良く知る伊豆のスペシャルなメンツ。

「これならば、嫁さんが入っても十分波を回してもらえるな。」

と思った私は

濡れたウエットに袖を再度通す気合も無かったし

先週の週末と平日に波を当てたということもあったので

この波を嫁さんに譲ることにして、子供達とビーチで遊ぶことにした。

016_1 が、それにしても寒かった・・・・・。

日差しの足りなさもあったが、吹きつける北東風(ナライ)は

たぶんここ一番の冷たさだっただろう・・・・・。

でも、子供達はそんな寒さもへっちゃらで、いろいろな場所や

オリジナルの遊びを見つけてはしゃぎまくっていた・・・・・。

013_1 しかしこんな子供達の姿を見ていると

男の子兄弟は、同じ男の私からすれば

ほんといい意味でラクできるし面白い。

体を使って遊ぶにも、ガンガンついてきてくれるから

体を動かして遊ぶのが好きな私としては、最高の遊び相手となってくれる。

冷たいナライが吹き付ける中、3人で思いっきり遊び

嫁さんも久ぶりのGood waveにありつき

それぞれの思いを堪能できた。

帰りの道中

春の訪れを感じさせる満開の河津桜を横目に、車の中では何故か

「北斗の拳」のDVDがながれている・・・・・

平和な日曜日。

それなのに

何故か

ケンシロウの最後の極め技は

私の後ろに座る息子が

運転する私にケンシロウと同時に繰り出した

「北斗残悔拳」だった・・・・・。

・・・・・

・・・

更新おろそかで、本当にスイマセンでした。。。

またボチボチ行きますんで、気長にヨロシク。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年3月 »