« ドランカー・ブルース 1 | トップページ | ローカリズム・・・ »

2007年5月22日 (火)

Get Used To It

Pccy01804180私がまだ20代前半の仙台で

人生修行という名目の

もっぱらサーフィンに明け暮れていた当時

同じチームの先輩に連れて行ってもらった福島の波にハマリ

ホームの新港に波が無ければ

一人でも福島方面に足を運び通っていたものだ・・・。

北福島方面は

信じられないくらいウネリに敏感で

そして当時は今ほどサーファーも居なく、平日であれば素晴らしい波に

仲間内だけで独占できることなどザラであり

あまりにも人の居ない雰囲気に

嬉しさ通り過ぎて寂しさを感じた程

今では贅沢な環境であった・・・。

海岸沿いの町並みは、決して馬鹿にするわけではなく

「これぞ、田舎!」

と言うにふさわしい喉かな風景が広がり

その素晴らしい景観に

まだ見ぬ波のコンディションの想像を膨らませ

ワクワクしたものである。

ある時、仲間と足を運んでいた時に

信号待ちで止まっている私達の車の隣に

馬に跨ったおじさんが、普通に停車(馬?)して

一緒に並んで信号待ちした時は

その信じられない光景と姿に唖然とし

真剣にドッキリか何かと思ったこともあった・・・・・。

・・・・・

・・・

そんなことを思い出させてくれる

ポイントまでの長いドライブ中

当時、私の車でかけまくっていたのが

The Brand New Heavies(長いので以後TBNH)のアルバム

「ブラザー・シスター」 である。

で、この時、TBNHのメインボーカルを務めていたのが

エンディア・ダヴェンポート。

彼女の歌声としびれるサウンドが良く合い

それはも~、聴きまくってはサーフィンをしていた。

それからも私はTBNHを聴き続けているのだが・・・

1stアルバムの「ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズ」からメインボーカルを務めていた

エンディアは残念なことに

セカンドの「ブラザー・シスター」でソロシンガー目指し脱退。

その後のアルバムにゲスト的な参加として現われた時は

「おおおぉぉぉ~!!エンディア、復活か!!」

とも思ってワクワクしたこともあったが、そんなことも無く

メインボーカルに「二コール・ルッソ」を新たに迎えたアルバムが発表された・・・。

そのアルバム、「オール・アバウト・ザ・ファンク」は

凄い美貌と歌唱力をもった二コールの強烈なインパクトもあり

「こりゃ、このままこのボーカルとノリで行くな!」

と、私はかな~り気に入っていたのだが・・・

なんと、日本公演まで行ったのに、その後メンバー内の内輪ごとで

これまた残念なことに、二コール脱退・・・。

この時のことは熱心なファンの中でもかなり話題になったようだ・・・。

で、それからしばらくしたら、飛び切り嬉しいニュースが入った。

なんと、あのエンディアが正式復帰するというではないか・・・

で、早速調べてみると

真実で、気づいた時にはすでにアルバム製作も行われていた・・・。

そして、満を持してできたのが今回のこのアルバム

「Get Used To It 」なのである。

このアルバム発売と同時に日本公演の予定もあり

とっても行きたかったのだが

残念ながら今回、私は行けなかった・・・。

でも、仙台時代から追いかけていたTBNHのエンディア復活は

私としても大変思いが深く、嬉しいものなのだ。

聴けば納得の、あの頃の映像がよみがえる程

エンディアのボーカルは懐かしくも新しい。

なんかね、カッコよさに更に磨きがかかって

次のアルバムも一層期待させてくれるようなアルバムだ・・・。

サーファーの中でも人気のあるTBNH。

若い人達にも、前のエンディア時代のアルバムも聴き直して

今も変わらないカッコ良さを体感してもらいたいものである・・・・・。

・・・・・

・・・

興味の沸いた人は

海への一枚にどうぞ・・・。

「Get Used To It 」

|

« ドランカー・ブルース 1 | トップページ | ローカリズム・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184770/15162054

この記事へのトラックバック一覧です: Get Used To It:

« ドランカー・ブルース 1 | トップページ | ローカリズム・・・ »