« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

連日真夏日中・・・

連日真夏日中・・・
連日、30℃を超える真夏日が続いている・・・。

んでもって
期待していた低気圧も不発だった為
ショボい波の日も連日続いている・・・・・。


・・・・・


・・・


そんな日だったけど
唯一救われたのは
トランクスだけでサーフィン出来たことかな・・・。


こりゃ、明日も波ねぇ〜な・・・。
なにすっか・・・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

Andy Wins !

Irons_a9530arica07tostee_l寝不足気味の不快指数度満点の中

今日も一日何とか仕事をこなした・・・。

この寝不足気味の原因は、そう、ずばり

「Rip Curl Pro Search 〈ARICA CHILL 2007〉」

で、とうとうこのイベントにも決着が付いたワケで

波に恵まれたファイナルイベントの中継に

私も仕事や時間を忘れ釘付けになって観戦していた。

優勝は、私が待ち望んでいた Andy Irons

「アンディー優勝おめでとう!」

なんて

私が興奮しながら叫んでみても

全く本人には届くはずもないワケだが・・・。

んで

昨日は波のセレクトに大きく勝敗の明暗が分かれたヒートがほとんどで

クオーターファイナルでは

ボビー・マルチネスが10ポイントを叩き出したにも係わらず

後一本が乗れず、0.17ポイント差でミックに敗れるという波乱の展開があり

更に好調気味のミックも

セミファイナルでは、前半全く波を掴まなかったアンディーに

たった2本の凄い波に乗らせてしまったため敗れてしまった・・・。

ファイナリストは、セミでの兄弟対決を制した弟のダミアン・ホブグッド。

ファイナルは波にも恵まれ

今年初のファイナルにイケイケモード全開のアンディーが

ほぼ波を独占しての

今年初のファイナルで優勝を決めた・・・。

私が観ていて一番面白かったのは

なんと言っても、ミックと対戦した時のセミファイナル。

アンディーのピンポイントの波の選波眼には奇跡を感じるほど神憑ったものがあり

PC観戦ながらも、鳥肌モノのパフォーマンスに魅せられた・・・。

アンディー・・・もうほんとメチャメチャカッコ良かった・・・。

私は

アンディーが試合前後にみせる感情を抑えきれないような面に人間臭さを感じ

また、命の危険があるような凄い波では

その激しい感情を感じさせない精密機械のように

もの凄い突っ込みとパフォーマンスを魅せるところに

男として、そしてサーファーとして凄い魅力を感じ、大好きなのである・・・。

この調子で、今年もタイトル争いに激しい戦いを展開してもらいたいものだ。

今年のWCTは面白い・・・・・。

・・・・・

・・・

んでもって

しつこさ感じるほどに今日も

Red Hot Chili Peppers

シリーズ行きます!

で、今日の曲は、ドームでのパフォーマンスに

私もガンガンに踊りマクリの頭振りマクリ、飛跳ねマクリだった・・・

(も~ほんと、どんだけ~ってな具合・・・。)

「Tell me baby 」 のPV。

このPV、他のアーティストでは、なかなか考えられない

厳しい争いを制した素人ファンが参加したPVで

みんな、かなりハジケタ感じで、メンバーと共に楽しんでいる。

こんな、ファン参加型のPVは

レッチリには珍しいものでは無く、過去にも数回一般の募集を募って起用し

メンバーと一緒になって楽しいPVを作り、話題を集めたりしている。

で、今回のこのPV

私も観る度に

マイク片手に是非このPVに参加したかった・・・。

なんて思いながら

魅入っていたワケなのである・・・・・。

いいな・・・。とっても楽しそうで・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

Fortune Faded

005_2今朝7時に携帯が鳴り

発信元を確認すると、慌てて電話にでた。

電話の内容は珍しい方からの、これまた珍しい仕事の依頼の件。

近頃少々現場の穴が開き、右往左往していた私に

嬉しい仕事の依頼であったのだが・・・

指定された日程には、すでに別の仕事のスケジュールで埋まってしまっている・・・。

どうにか日にちをずらしてもらえないかと

今日は方々に回り、タイトな予定に思考を重ねたが

やはり上手くは行かず

今朝の依頼の件は流れてしまった・・・・・。

タイミングって難しい・・・。

暇で仕事が欲しい時は、なかなか無く

忙しい時や、大事な仕事の時に、別の仕事の依頼が重なったりする・・・。

私は性格から、なかなか断ることが出来ないって言っても

どうしても出来ないものは、出来ない・・・。

ヤル気や意思とは全く関係無く

更に職人の予定や都合なんかより

元のお金を払うお客様の都合が当然、一番に最優先される為

職人の都合で日程を変更させることなどは、物理的に無理なのだ。

悔しい・・・。

商売っていうのは、本当に難しいものだ。

やり甲斐っていうのは

誰かに使われてる時とは雲泥の差があるのは当然だが

仕事が上手く回るタイミングっていうのは

なかなか無いのが現状である・・・。

なんか最近「運」が衰えてるかな?

波も当たらないし・・・・・。

・・・・・

・・・

ってことで

「運が衰えてる」っていえば

タイトルそのままの曲がRed Hot Chili Peppers にある。

「Fortune Faded」

この曲は私的に大好きな曲の一つで

ドームでも必ず聴けるかと思っていたが

残念ながら、私が行った日は聴く事が出来ず

翌日の2日目に演ったのだ・・・。

つーことで

今回はその「Fortune Faded」のPV。

クールな歌詞と曲、それに似合うクールな映像に

ファンの中でも人気の高いPV。

私はこの曲

波がいい時なんかに、海に入っている間

何故か頭の中で流れています・・・・・ずっと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

はぁ〜・・・波無い。

はぁ〜・・・波無い。
今日も仕事前の朝一に海に繰り出した。

予想を大幅に裏切られたサイズに
躊躇いながらもパドルアウトしたが・・・

何気に乗れちゃったりしたのは


やっぱり、新しい相棒のおかげかな・・・。

・・・・・

・・・

クワァド・・・
かなり、いいパートナーとなってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

天気は全く良くならず・・・

001_1 天気予報は大きく外れ、曇り空は全く回復せず

一日を通して、雨がすぐにでも降りそうな空の中

私は次の仕事の段取りの為、現場から現場へと

仕事のことでは無く、いい波のことを考えながら、一日車を走らせていた。今日・・・。

ジメジメとした外気。不快指数も私の中ではほぼMAX。

「あぁぁぁ~・・・いい波乗りたい!!」

何処にいても、勝手にこんな独り言がでてしまう・・・。

結構・・・つか、かなり・・・病んでます・・・。

・・・・・

・・・

気になるWCT第4戦「Rip Curl Pro Search 〈ARICA CHILL 2007〉」

も、日本時間の今夜、ラウンド4に進むワケなんですが

Slater_k9731arica07tostee_lこの、エックスイズラ・アラックラン(ポイント名らしいです。)の波

凄いとしか言いようがないですね・・・。

写真はケリーのラウンド3のモノなんですが

この前日に行われた、国対抗のサーフエキシビジョンマッチの時は

波が8~10feetのコンディションで行われ

その前日(波がデカ過ぎて危険過ぎるってことで、ウエイティングになってました。)

よりも、やや落ち着いたっていうものの

浅い水深のショアブレイク気味の波で

8~10feetもある恐ろしいコンディションの中

ケリーさん、凄ぇぇぇ~波にトライして、バレルを抜けてました・・・。

今大会は、稀にみる凄い波と、凄いシチュエーションってことで

何本ものサーフボードが犠牲になり、更に何人ものケガ人も出ています・・・。

間違いなく、この人達だからこそ乗れる波・・・エックスイズラ・アラックラン。

Rip Curl 凄いです。3年連続で、もの凄いイベントを成功させています・・・。

今日からは更に混戦が予想される面白いヒートが続きます。

時間のある人は、是非ナマで中継を御覧すべし!↓

「Rip Curl Pro Search 〈ARICA CHILL 2007〉」

・・・・・

・・・

んでもって

今日も行きます。Red Hot Chili Peppers シリーズ。

今回の映像は、昨年日本でも話題のきっかけとなった

アルバム「Stadium Arcadium」からの1st先行シングル

「Dani California」

のライヴ映像では無く、プロモの映像。

はっちゃけて、いろいろなロックスターをパロっている姿は

レッチリらしく、かなり面白い作品になってます。

こ~いう、ハジけた面白さがある面も、私がレッチリを大好きな理由の一つかな・・・。

果たしてこの映像を観て

一体誰の、どのアーティストをどんだけパクッたか、あなたは当てられますか?

そんなことを考えながら観ると、けっこう面白いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

梅雨らしくなった空模様の中で・・・

006←土曜日

やっと梅雨らしさを感じさせる空模様と

やっと、そこそこ上がってくれた波に

家族みんなで早起きし、いつものように海へ。

たまのセットで肩くらいのサイズ。風はほぼ無風~ゆるい北東。

セット間隔は長めだったものの、いい波掴めば十分乗れた。

贅沢をいえば、この地形と、この風とウネリの向きであったら

頭以上のサイズならもっともっと楽しめたと思うのだが・・・。

ま~、こんなものだろう・・・。

で、このコンディションの中、ウチの長男

最初こそ、少しビビリながら躊躇っていたものの

いつものごとく直人プロの登場に

気合とヤル気が変わり、またもやマンツーマンで指導と波に乗らせてもらい

(毎度ながら、本当にありがとうございます!)

超のご満悦と、クタクタの疲労感で、帰りの車中は

走って3分もしない内にKOされていた・・・。

・・・・・

・・・

んでもって

015昨日の日曜。

土曜の波は何処行ったのごとく

予想通りの急なサイズダウンのコンディションに

長男は土曜の波でちょっとしたコツを掴めたのか

嬉しい自分サイズの波に、一生懸命テイクオフを繰り返していた。

019_3 それに触発されたかのように

次男坊も私のキールズに初挑戦した。

私の予想を超えて波に乗ってくれる次男。

「飽きっぽい性格さえ克服してくれれば、けっこう上手くなりそうなのにな・・・。」

なんて、私の親バカ感情を、かなり刺激させてくれる程楽しんでいた。

こうして、兄弟揃って波乗りをする子供達の姿は

サーファーである父親の私には、幸せ以外感じることは無かった・・・。

今年の夏は、波が無くても

子供達と遊べる範囲が広がり、とても楽しみになってきた。

そんなことを感じさせてくれた、小雨の降る週末の休日であった・・・・・。

・・・・・

・・・

で、おまけ。

今回のRed Hot Chili Peppers シリーズは

その壮大なパフォーマンスと壮絶な数のオーディエンス達で伝説のライヴとなり

DVD発売されている、スレインキャッスルでの映像。

曲は、東京ドームでもドームを揺らすほどの盛り上がりを見せた

「By The Way」

これはナマで体感すると、シビレル度300%間違い無いです・・・。

こんな刺激的なライヴも、いつか親子で体験したいな・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

やっと雨降りに・・・

やっと雨降りに・・・
つーことで
やっと雨が降った今日・・・。


んな日に限って

今日は屋上床のペンキを仕上げる予定だったのに・・・。
全然オハナシにならない程降ってくれちゃって
ダメになった・・・。


ならばと


子供達の授業参観日だったので

そっち行こうかと思えば
どしゃ降り状態になり

何故か現場から呼び出しをくらい
急きょ現場に駆けつけるハメになり

当然、私の初体験となるハズだった
子供達の授業参観は、見事に
次回に持ち越しとなったワケである・・・。

・・・・・

・・・

恐るべし私の雨男パワーを
また思い知らされた・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

いい加減雨降らないかな・・・

20070621110842 今日も相変わらず天気に恵まれ

(←屋上から富士山が望めました。)

お日様ギンギンのメラメラ状態・・・。

なんか、いい加減雨降ってくれないかな

って気分にもなってくるね。・・・ほんと。

私的には、けっこう雨が好きってのもあるんだが・・・

何故か、超がつくほどの雨男の私。

子供の頃から今まで、雨に降られたくないイベントには

ことごとく雨に降られ続けてきた経緯がある・・・。ほんと、これでもかってくらい・・・。

子供の頃、忙しい両親がすっげー珍しく

前から行きたかった遊園地に連れて行ってくれるってことになり

私はうれしくて、前の日の晩、「テルテル坊主」をいくつも作り窓に飾った・・・。

で、一晩して翌朝

これでもかってくらいの豪雨に、私の夢は一瞬にして散り

更に、親父の現場がヤバイってことになり

幼い私までかり出され、現場の手伝いをする破目になり

そんでもって、家に帰ると

私が閉め忘れた「テルテル坊主」の吊るされた窓が

開きっぱなしになっていたらしく

部屋の中が大変な状態になっていて

親父にこれでもかってくらい怒られ

「二度とこんなもん作るかい!!」

って、おもいっきりテルテル坊主をゴミ箱にぶん投げた・・・。

つ~、苦い経験があったことを思い出した・・・。

今思えば、その頃からだんだんと性格が歪んできたような・・・・・。

って、んなことはど~でもいいんだが

兎にも角にも

「雨にそろそろ打たれたい。」

そんな気分にさせるほどの異常を感じさせる陽気が続いている・・・・・。

・・・・・

・・・

でもって、昨晩の「アリカ」観戦。

期待していた波のコンディションとは程遠い感じもしたが

波は極上のバレルオンリーなブレイクだってこと、もの凄く解かりましたね。

ダミアンとファニングが好調で

あのコンディションであの波の捕らえ方、攻略は、執筆しがたい程凄い。

しかし、毎度思うことだけど

こうして、リアルタイムでWCT観戦できるってのは

本当に凄い時代になったもんだ・・・。

週末に凄い波が炸裂するであろう・・・

っていう予報の「アリカ」。

それからの戦いも、益々ヒートアップしていくことだろう。

時間の取れる人は、是非PCの前で観戦をお勧めいたします!

↓こちらからどうぞ!

Rip Curl Pro Search 

(ウエイティングにならなければ、たぶん今日のヒートも日本時間20:00頃のスタートだと思います。)

・・・・・

・・・

んでもって

最近YouTubeに何故かハマっている私。(遅っ?!)

いろいろ考えてみたけど

今回から新たにYouTube特集としてのシリーズは・・・

今月、東京、大阪と、日本のオーディエンス達、もちろんその場にいた私を含め

そのパフォーマンスで、大いにスパークさせてくれた

Red Hot Chili Peppers 特集で行こうかな。

で、1回目の映像は、昨年のフジロック2006の映像。

曲は当日も、今回のドームでも一発めのオープニングを飾った

「Can't Stop」

この曲はドームでも一発目ってことで、当然大いに盛り上がり

私も最初から、一緒になって歌いながら飛び跳ねすぎて

足をパイプ椅子にぶつけまくりで、大変なことになった・・・。

まさしく「もう止まらない!」ってほど・・・。

レッチリ好きな人はすでにチェック済みだと思うけど

そんな人はライヴの時の興奮を思い出しながら、鳥肌立てて・・・

知らない人や、まだ体験していない人は

そのライヴのエネルギーを感じながら観て下さい。

きっと、好きになるハズ・・・。

アンソニー・・・カッコよすぎ!・・・・・。

ちなみに

フリーとアンソニーはサーファーなんですよ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

連日夏日・・・

018せめてこのくらいの波が来ないかと

少し前のPCのアルバムを見ながら思いふける・・・。

あっつい!・・・なんなんだ?ここ何日いっつも夏日・・・。

仕事している時はもちろん、何にもしていなくてもウザイ程、汗が流れる。

「梅雨じゃないじゃん!雨は降らないし、お日様ガンガンじゃん!!」

なんて

車を運転しながら、誰に向けるわけでもなく独り言・・・。

今日も気温は30℃越えに達していた・・・。

こ~なると、波がなくても海に浸りたい気分になるのは

サーファーだろうが誰だろうが一緒だろう・・・。

ちなみに今日はこの炎天下の中

お袋の店舗屋上の掃除とペンキ塗り・・・

背中はヒリヒリ

「こりゃ~、夏前に脱皮すんな・・・。」

ってくらい、すでに体は夏バージョンになっている・・・・・。

でも、予想では、明後日辺りから低気圧の影響で、波が上がる予報。

「海の神様・・・頭以上のいい波、是非・・・是非お願い致します!」・・・・・

・・・・・

・・・

ってことで、愚痴るのもこのくらいにして・・・

話し突然変わりますが、とうとう始まりましたね。

WCTイベント 「Rip Curl Pro Search 〈ARICA CHILL 2007〉」

Rip Curl Pro Search といえば、昨年、メキシコでの

パラダイスパーフェクトビーチと言われた夢のような

もの凄い波で大成功を収めたイベントは、記憶に新しい・・・。

今年は会場を、南米はチリに移してのイベント。

そして、この「アリカ」というポイント(地名?島名?ポイント名?)も

今まで表舞台にフューチャーされること無く

一部の者にしか明かされていなかったと言われるほどの

シークレット的なポイントであるという・・・。(ほんとかっ??)

んで

肝心の波質は、シャローなボトムにハードな波が炸裂するその波の姿に

「南米のパイプライン」

とも言われているほど、もの凄い波らしいです・・・。

もちろん、昨年のメキシコ同様、すっげ~田舎で

こ~んな大きなイベントが開催されるのも

この町がこんなにフューチャーされるのも初めての

何もかも初めてだらけのこと・・・。

Rip Curl凄いです!やってくれます!

なんせ、ASPから頂いた

Rip Curlだけが持つ「自由開催地ライセンス」を行使するため

生涯Rip Curlの専属ライダーであろう、あの「トム・カレン」に

世界中の未知なる波を探させて、挑みさせて、会場を絞っているというから

半端ではない・・・。

で、今回の戦いで是非注目してもらいたいのが

前回のチョープーの時とは打って変って

フルウェットにブーツという状況での戦い。

んで、面白いのが、現在レイティングリーダーのファニング

昨年のRip Curl Pro Search覇者アンディ

そして、優勝記録のかかったケリー・・・。

他にも注目選手、カード、いっぱいありますが

これからのレイティングを左右する前半戦最後の戦いなので

サーファーならば

是非チェックしてもらいたい度100%であるイベントだということは

間違いないのである・・・。

私的には

ここらで一発、アンディに勝ってもらいたいな・・・と強く思っている・・・。

出来れば、ケリーとファイナルとかで・・・。

さ~、結果はどうなる???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

ジメジメと暑い・・・

016_2波も無く、空梅雨のジメジメと暑い日が続いている・・・。

こ~なってくると、本当に雨不足も心配になってくる・・・。

私の住んでいる家なんか、とてもシックでレトロな家なので

日中の暑さが夜になっても逃げず

とっても暑くて寝ていられない程あっつい・・・アッつい・・・私。

なんかね、夏本番前にこんな状態だと

体の機能が気候についていけなくなって

余計に冷えたビールを摂取してしまい

いつもなら、少し体重が落ちてくるハズの時季に

逆に体重が増えて来てしまっている・・・。

更に月日と共に

「しゃ~ね~よ。おっさんだし・・・。」

なんていう、自分に甘い妥協と安易な思いが大半を占め

気が付けば

とんでもない体系になりつつある・・・今日この頃・・・・・。

仕事も暇で波も無いと、ど~にもならない私の生活である・・・。

サーファーとしては、波の無い時の過ごし方がけっこう重要なハズなんだが

あまりにもスリルや気合の足りない波がこ~も続くと

頭も体も病んでくるような症状に囚われてくる・・・。

今はただ、理想的な勢力と進路をとる台風の出現を

静かに祈ろう・・・。

つか、「走れよ!」ってことのワケだが・・・・・。

・・・・・

・・・

つーことで

勝手気ままに、好きな映像を載せてしまった(いいのかな???)

6回に渡ってのチョープーシリーズも、今回は最終回・・・。

最終回を飾るフューチャーサーファーは

トゥーインサーフではこの人外して語れない

いやいや、トゥーインサーフの祖で、第一人者でもある

レイアード・ハミルトンのチョープーでの映像。

レイアード・ハミルトン・・・彼の名はこのサーフィン界では

間違いなく、歴史にその名を刻むであろう。

あらゆるサーフィンの可能性を、自らの行動によって証明し

今も尚、その方向性の新しい未来に挑戦し続けている

男の中の漢(おとこ)である・・・・・。

この映像の最後に

レイアードは祈りを捧げている・・・。

数々のサーフシーンでの伝説を塗り変え続けて来た

いや、今もその伝説を塗り変え続けているレイアードをもってしても

祈りを捧げる程の波をもたらす「チョープー」・・・。

そのレイアードの祈りは、生還の悦びなのか、自然へのリスペクトなのか

それとも海の神に対しての祈りなのか・・・

それは、ここ「チョープー」のこの波に挑戦した者にしか解からない・・・。

そして「チョープー」は、今もこれからも挑戦者を待ち受け

挑戦者達は、自らこの「チョープー」に挑み続けて行くのである・・・。

そう、そこに・・・

「チョープー」に、この波がある限り・・・・・。

Ebeautybeast  

 

 

・・・・・

・・・

私はいけないけど・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

雨季になったよ。

20070617110937梅雨入りした直後なのに

梅雨明けしてしまったような陽気の週末から一変

今日はおもいっきり、梅雨を感じさせる雨の朝からスタート。

日中もはっきりとしない、じめじめとした空だった月曜日・・・。雨季です・・・。

で、私は

仕事の方も忙しさから開放され、けっこうマイペースになってるな。

聞けば、どこも、私の仕事関係は業界全体で暇らしい・・・。

まっずいな~・・・営業ペース落ちてるしな・・・。

なんかね、今年はヤケに波が激しいね・・・。仕事の。

激しい波は、海だけにしてもらいたいんだけど・・・・・。

・・・・・

・・・

で、日曜の海のことをまた少々・・・。

20070617114005週末の限られた時間での海なので

中々上達の進歩が掴めず右往左往する、上の写真の長男。

その長男を意識するわけでもなく

↑暑い陽気のためか、珍しくず~っと波乗りを楽しんでいた次男坊。

同じ環境で、一緒にいて、一緒に生活しているのにも係わらず

兄弟なんだが、長男と次男は全く違うことを解からされた・・・。

シャイで、じっくり慎重派の長男と

誰にでもなつく性格に、器用貧乏のイケイケ次男・・・。

私は一人っ子で兄弟がいないため

こ~いうところが、我が子が出来るまで、全くの未経験のこと。

20070422070718_1

そして、我が子ながら

その兄弟の仲良しさみたいモノや、環境に・・・

いや、兄弟がいるという、そのこと自体に対し

羨ましいような、嬉しい嫉妬を感じる私・・・。

いつまでも、兄弟仲良くいてもらいたいもんだ・・・。

たった二人しかいないからね・・・。

・・・・・

・・・

つーことで、昨日はお休みした、チョープーシリーズ。

ネタバレ感も少々あるが・・・

今日の映像は、一昨年のビラボンXXLアワードも受賞した

シェーン・ドリアンの命ガケの有名な映像。

この映像には、かなりの曰くがある・・・。

一昨年の凄い波に恵まれたチョープーWCTイベントの後

迫り来るサイクロンからのウネリの到達を

シェーンはイベント後もそのまま滞在し、待ち続け

命を懸けてアタックに臨んだものがこの映像なのだ・・・。

もちろんトゥーインでのアタックなのだが

この時、ジェットスキーの調子が悪くエンストしまくりで

スタッフ誰もが、凶暴すぎる波に命の心配をし中断を迫ったらしい・・・。

しかし、シェーンは目の前の一生に一度あるかないかの壮絶な波に

とても引き下がることが出来なかった・・・。

して、その巨大なセットにアタックしたのだが・・・

ジェットスキーは途中でエンストし、アタックを開始していたシェーンは

行くべきポジションより、かなり深いところから行く破目になったのだ・・・。

シェーン本人もそのことに気が付いていたため

文字通り、自分の命を懸けてこの波を走り抜け、生還した・・・・・。

と言う、とんでもない事実がある映像。

そしてこれまた、たまたまその場にいたシェーンのスタッフ以外の友人が

この映像を記録していたというから、凄い・・・。

そんなことを踏まえて、良く観て下さい。アツくなること間違いないです・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

父の日・・・

父の日・・・
期待していた低気圧からのバックスウェルは届かず
今日もたまのセットで膝〜モモの切ない波・・・。

それでも、子供達には十分のサイズで
次男坊には胸〜肩くらいの波となる。

父の日なのに
父にはこれといったサプライズも無かったワケだけど・・・

今朝、皆で行なったビーチクリーン後の綺麗なビーチと
夏本番のような心地よい暑さに
今年初のトランクスでの入水はとても気持ちが良かった・・・。

今年は昨年に比べ、確実に水温が高い・・・。
デカイ台風に期待もしたいのはヤマヤマだが
こーも暑さを感じる陽気だと
自然災害の恐れは確実にあるのでは?
と、どうしても考えてしまうのは
きっと私だけでは無いハズだ・・・。
心配だけで終わってくれればいいが・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

んでもって、今日も朝一

20070616041946昨日の朝一よりも

大きくサイズダウンした今朝のコンディション。

ま~、毎度のことながら

もう少しサイズが残っていて欲しかった・・・。

それでも、大きめのきれたセットを掴めば、何とか楽しめた・・・

けど、セット間は長いし、土曜の休日ってことで

時間の経過と共に増える人と少ないセットに

ヤル気激減、嫌気倍増で

早々に見切りをつけて、海から上がってしまった・・・。

でもって

今朝の海からの帰り

下田駅前の、たぶんだが、おそらく一番人も車も多く通る交差点で

赤信号に捕まって停車中の私の目前に

私の思考をフルに困惑させる風景に遭遇・・・。

慌てて携帯をとり、車の中から何とかその画をおさめることに成功した・・・・・。

20070616075533その写真がこれ・・・

土曜の朝の人通りがほとんど無い時間とはいえ

横断歩道に向かってまっすぐ綺麗にそろえ置かれた

真っ赤なスニーカー・・・・・。

もうね

一体これは何をど~しちゃった状況なのか何なのかと・・・・・。

少し考えただけでは、私の思考では全く理解出来ないこと。

あらゆる想像をもたらす粋な演出に

おかげで今日も眠気に襲われずに帰宅することが出来た・・・。

つーか、このスニーカーの主人は

一体どこでど~しているのか?

全くの謎だらけの不思議な風景であった・・・・・。

・・・・・

・・・

気を取り直して(?)、今日も行きますチョープーシリーズ・・・。

サーフボードの飛躍的な性能の向上と合わせ

それを操るサーファーの技術も飛躍した近年

かつてはサーフ不可とされたチョープーの超凶暴な波も

あっと言うまに、あらゆるアスリートサーファー達に制覇されてしまった。

そのシーンにおいて、除外できないのが

夢のビッグウェイヴへの挑戦を可能にした、トゥーインサーフィンでのアタックだ。

で、今日の映像は

ビッグウェイヴプロジェクトでも有名な

昨年のビラボンビックウェイヴinチョープーの映像。

もうね

サーフィンもここまで来ちゃうと、私達一般サーファーには

全く理解もへったくれも出来ない世界・・・。

その狂った波に、狂ったようにチャージする人の姿は

現実社会からほど遠い世界の想像を私達に教えてくれる・・・。

でもね・・・

私はこの世界、一生理解出来なくてもいいな・・・。

も~ほんと、絶対無理無理・・・。

いくら大金積まれようが何されようが・・・って感じ・・・。当たり前だけど。

でも、一度でいいから

この人達のこのアタックをその場でナマで観てみたいもんだ。

その迫力も、きっと理解を超えた世界なんだろうな・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

波はありますが・・・

20070615043730今日の朝一、波はあるが

予想通り、面もガタついた、イマイチのコンディション。

すでに東ウネリにシフトしていたため

ワイドダンパー中心だが、時折入る、南からのウネリは形良く

久ぶりにウネリにパワーがあったので、なんとか楽しめたってトコロ。

ま~ね、なかなかいい波には当たりませんよ・・・。

ビーチブレイクですから・・・・・。

んでもって朝一後の

悪魔の眠気が襲い来る海からの帰り

私の車の前を「スーパーカブ」が走っていた。

んでこの「カブ」ライダー、私が今まで見た中で一番の最速。

20070615154312普通車でも躊躇する

この天城峠を走る、走る。攻める、攻める・・・。

も~ね、カーブはハングオンばりで、高速でクリアし

終いには、下りは足を伸ばし前傾姿勢をとっちゃったりするのよ。

この姿、後ろを走る私にお尻を突き出した姿勢なので

ウケをねらってんのか、なんなのかと・・・。笑わせて頂きました・・・。

ホント、その彼の姿があまりにも面白かったので

おかげ様で、睡魔に襲われる暇すら無かった・・・・・。

つか、安全運転して下さい。

スパーカブって、原付なのに意外と速いのね・・・びっくりしたよ・・・・・。

・・・・・

・・・

て~ことで

今回も、チョ~シこいての、チョープーシリーズ第3弾は

今年、しかも最近撮られた映像で、サーファーは

チョープーマスターのコリー・ロペス。

皆さんもご承知の通り

その未来的なマニューバーと、ビッグウェイヴでのしびれるアタックで

実力、人気共に、世界のスターサーファー。

もうすでに引退してしまい、最近名前を聞かなくなった兄のシィーアと共に

WCT入りを果たしたスーパーサーファーブラザーズの弟である。

今はカルフォルニアに住んでいるが、出身は

決して波が豊富では無いと言われている、フロリダ。

ケリーも、仙台のダニーもそうだけど

フロリダ、波そんなにコンスタントにあるってワケじゃないのに

サーフスターがいっぱい生まれてるよね・・・。凄いよ・・・。

で、このコリーのチョープーアタックがまたしびれる映像で

も~ね、最初から

血の気の引くようなワイプアウト・・・。

コリー、このワイプアウトでケガを負うんだけど

この波の、この位置の、このスッゲー巻かれかたで

こんだけのケガってのは

ほんと~に、この人達だからこそのモノだと思う・・・。

「普通に死んでもオカシクないって・・・マジで・・・・・。」

そんなハードでおっかね~アタックです・・・。

目ん玉ひん剥いて、ごらんあれ・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月14日 (木)

朝一はダメだった・・・

20070614080111今日の朝一は、見事にウネリが入って無く

波、ありませ~ん!!

天気も小雨で肌寒く、波も無し。

南岸を走る低気圧からのウネリは、今日の午後からだな・・・伊豆は・・・。

つーことで

明日の朝一の波に賭けて

明日も夜中に独り、天城峠を越えて行くか・・・。

・・・・・

・・・

んでもって

もうWCTのチョープーはとっくに終わっちゃってるけど

チョープーの凄ぇぇ映像に最近ハマっているので

(最近あまりにも波無さ過ぎるからなのか?)

昨日はブルースだったから

今日は兄のアンディの映像。

この映像も最後のアンディの突っ込みは超激ヤバ過ぎ!!

凄過ぎる突っ込みです!

波のヤバさ、ポジションのヤバさ

そして、アンディの超人的な反応とボードの動き

目を凝らして、よ~く見てくださいね・・・。

私はこれ、初めて見た時

映像の声と同じ反応をして、思わず一緒に

「OHHHHH~!!!」

と、叫んじゃったほど・・・・・。

ウチのご兄弟も

こんなんなったら・・・・・

・・・・・

・・・

素晴らしいんだけど・・・・・。

まっ、それは無い無い・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

あっついな~・・・。

07061303波も無く

日中は真夏を感じさせる日々がここ何日か続いている・・・。

が、しかし

やっと、やっと、低気圧がやってくる・・・。

今回のこの低気圧は、私達が望む、波をもたらしてくれそうだ。

でも、よく見ると、しっかりとした前線も伴っている・・・。

たぶん、このまま入梅に突入してしまいそうだ・・・・・。

梅雨に入ると、また波の無い日が多くなる。

しかも風も合わなくなるシーズン・・・。

しかし

この何日かの暑さのおかげで

早くも水不足になりつつある地域もあるそうだ・・・。

梅雨明けの本格的な夏はもうすぐなのだが

こうも暑いと夏はどんな暑さになるんだろう?

深刻な水不足や、自然災害が起きなければいいけど・・・・・。

改めて人は、自然に生かされているってこと

解からされます・・・。

・・・・・

・・・

おまけ・・・

いくら波があるっつっても、こんな波には・・・いけね~よ・・・・・。凄ぇ・・・。

ブルースかっこいいな・・・。

つか、こいつら兄弟かっこよすぎ。

このコンディションでのビッグ1セットでのワイプアウトは壮絶過ぎです・・・・・。

あなただったら、ど~うなっちゃいますか???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

我が家のルール

我が家のルール
ウチの長男が
自分で考え、自分で書いた
我が家のオリジナル・ルール。

始めてウチに遊びに来る
コゾー共の友達は
必ずこのルールを読み
ルールに従う。


ルールを守れないような子は
恐いオヤジに説教され、出入り禁止となる。

更に我が家では
誰であろうと
大きな声でしっかりとあいさつが出来ないと
これまた恐いオヤジに
何度でもやり直しを喰らう・・・。


ちなみにこれまで
我が家を出禁にされた子はいない・・・・・。


子供達は
しっかり教えてあげれば、しっかり理解してくれる。

そんな我が家に遊びに来る子達は
みんな元気で、笑顔の可愛い
いい子達ばかりなのだ・・・。


・・・・・


・・・


そんなルールがあるのに
何故か我が家は
子供達の
溜まり場状態になっているから不思議だ・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

Everything Last Winter

P4011thumnailまるで初期頃の、「The Cranberries」のサウンドを

彷彿とさせる「音」に、洗練されたグルーヴ感を加え

何故か耳から離れないリズムをもたらす「音」に

私は一発でKOされ魅了された

Fieldsのデヴューアルバム<Everything Last Winter>

そのFieldsの「音」は

メランコリック・フォーキー・エレクトロ・ポップ

なんていう

舌かんで血を噴出しちゃいそうな

ワケのわからないジャンルで形容されたりもしているが

きっと彼らは

ジャンルに囚われることなく、好きな音楽を好きなように表現した結果の

「音」となっているワケで

「んな、ワケわからん括り分けをしてんじゃねーよ!」

思っているんではないだろうか?・・・

か、どうかは解からないが、私が勝手に思ってるだけなので・・・・・。

つーことで、このFields

実はここ日本で、チョットしたサプライズを行い

満を持して、デヴューアルバムが発売となった。

さて、どんなサプライズかって~と

コアなシーンに敏感な人や

実際その場で体感した人なんかは解かると思うけど

昨年ここ日本で行われた、モンスター野外イベントの

フジロック・フェスティヴァル06で

まだデヴュー前なのに、参戦し

日本では全くの無名のFieldsは

会場のオーディエンス達を魅了し話題となったことは

Fieldsはもちろん、その場にいたオーディエンス達にも

伝説のようなサプライズとなったのである・・・・・。

そんなバンドの待ちに待ったデヴューアルバムなのだ。

で、どんなバンド構成かって~と

バーミンガム出身のシンガー・ソングライター 

ニック・ベイル(ヴォーカル、ギター等)

アイスランド生まれのソルン・アントニア(女性、キーボード、ヴォーカル)

ヘンリー・スペンナー(ドラムス)、マッテイー・ダーハム(ベース)

ジェイミー・プットナム(リード・ギター)

の5人組み。

中でも、バンドの紅一点のソルンちゃんは

北欧系の美人で歌声も美しく

父親がアイスランド国歌の作曲者なんていう、とんでもないサラブレッド。

で、バンドの結成としては、2005年からだが

もともとキャリアもある個々の集団ってことで

自らレーベルを設立したりして、UK界隈ではすでに注目されていた。

実は、先行シングルを兼ねて、ミニアルバムが

ここ日本独自企画で発売されているが

今回のデヴュー・フル・アルバムは更に作品スケールが進化している。

って言うのも

アルバムプロデューサーに

な、なんとあの、マイケル・バインホーンが起用されているからだ。

マイケル・バインホーンといえば、今をトキメク敏腕超人気プロディーサー。

レッチリ、マリリン・マンソン、サウンドガーデンなどなどの

超売れっ子作品を数々世に送りだした人物・・・。

なので

「これはもぉ~、要チェックだろー!!」

なんて感じで、私も手にとってしまったのだ。

すると

聴けば聴くほど、どっぷりとハマッテしまった・・・。

解かる人が聴けば解かると思うが

Fieldsのサウンドの世界は、かなり遠くにもっていかれる・・・・・。

サーファー、もしくはネオヒッピー系の人達に大変好かれるのでは?

と、私は感じた・・・・・。

・・・・・

・・・

是非とも

今度来日の折は、足を運んで

ナマでFieldsの「音」を体感したいものである・・・・・。

で、余談ではあるが

日本盤CDにはCD EXTRA仕様でビデオクリップが2曲収録されている。

彼らの姿がCDでチェック出来るのだ。

そのそそるパフォーマンスに

ライブでの彼らの姿に、当然期待も自然と高まるってものだ・・・・・。

興味の沸いた人は、是非チェックしてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

で、また波無い・・・

で、また波無い・・・
ってことで

今日、長男はサッカーの試合のため
海に来られなかったので

とてもつまらない私は

天候の回復を待って
次男を海で特訓。

いつもアニキの波乗りを観ているのか
なんなのか
けっこう波に乗ってくれる次男。

でも、ウチの御次男
海に入ってる最中、喋りまくりで
うるせー、うるせー・・・。

私はノーサーフだったけど
意外と面白かったから
ヨシとするか・・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

今日も波無し・・・

今日も波無し・・・
今日も波ねぇぇぜ!!


でも


それでもコゾーは楽しそうに乗っていた・・・。


・・・・・


・・・


子供サイズ・・・もうほんとに

カンベンしてください・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

遅くなりましたが・・・

20070605182603 6月5日、Red Hot Chili Peppers in東京ドーム。

この日、東京ドームは揺れた・・・・・。

・・・・・

・・・

pm17:00開場のpm19:00開演ってことで

私は開場まもなくの時間帯から乗り込み

グッズやオーディエンス達を、ビールをガンガンあおりながらチェック。

デスノート効果もあったのか、子供を連れた方の姿もチラホラ見られた程

オーディエンス達の層の幅広さにもびっくりした。

で、開演までの間に、かなり飲み過ぎた感のある私は

アリーナ席から、トイレまで

一体何回往復しただろう?ってくらい走り

酔いも回り、開演が近づくと共に、なだれ来る人と熱気に

私も会場もヒートアップして行った・・・。

んで、19時も20近く過ぎた時

突然のライトダウンと同時に、イントロがスタート!

会場の大爆発の歓声と共についに始まったRed Hot Chili Peppers in東京ドーム!

ファーストを飾る曲は

私の予想通りのCan't Stop から!

最初からガンガンの弾けマクリでハッチャける私・・・。

隣のカップルも横の女性組みも

前の男組みも、後ろの若者組みも

みんな一体となって踊り弾けている・・・。

最高だ・・・最高に気持ちのいい瞬間だ・・・。

・・・・・

・・・

次にDani California、Scar Tissue、Charlieと続いていくワケだが

もうね、レッチリは曲の入りの間が本当に良くて

立て続けに曲に入ってくれるので

オーディエンスの私達をも休ませることなく

すごい世界へと引き込んでくれる・・・。凄ぇぇ・・・・・。

ってな感じで、By The Wayが来た時は

あのドームがマジで揺れるのが解かった程の盛り上がりを見せた・・・。

東京ドームを揺らす程のパワーを与える

Red Hot Chili Peppers

最高の時間と体験をありがとう!!

 Can't Stop
 Dani California
 Scar Tissue
 Charlie
 Readymade
 Throw Away Your Television
 Blood Sugar Sex Magik
 John Solo (SOS)
 Snow
 Get On Top
 C'mon Girl
 Me And My Friends
 Don't Forget Me
 Tell Me Baby
 Californication
 By The Way

 Chad Solo &Flee Trumpet
 Under The Bridge
 Give It Away

 
セットリストはこんな感じだったと思う・・・。たぶん・・・。

この日は、Around The Worldが無かったのが、かなり悔しかった。

んなので

できれば、次の日の公演も立て続けに見たかった・・・・・。

そんな思いを残しつつ、夜は六本木に繰り出して

興奮冷めやらぬままハシゴした・・・・・。

・・・・・

・・・

んなことで

翌日は仕事も当然キャンセルしてあったので

海に波があるってことで

クアッドの試乗も兼ねて、海に向かうのである・・・。

007  で、今回初めて作ったクアッドのインプレッションを

 私なりにちょいと書いてみる。

 私の作ったクアッドは

前の記事にも載せてあるが、浮力たっぷりのラウンドノーズタイプ。

ここ2年程、キールズ(ツイン)の乗り心地にどっぷりハマッテいた私なので

シャークタイプのクアッドよりも、むしろツインと違和感なく乗りたいってことで

このボードを選択したワケなのだ。

で、この日の波は

サイズは胸~肩の風の入ったくチョッピーなコンディション。

そして、ライトはほとんど無く、レフトのみであった。

キールズはスラスターと比べると、バックハンドに大きな違和感があり

中々スラスターに求めるような動きが私は出来ないでいた。

で、今回のクアッド

これは面白い!楽しい!

今までバックハンドで抱えていた、キールズの違和感は全く感じられない。

兎に角、走るし動く。

なんと言っても、当て込んだり、アクション後のリカバリーの安定感が

キールズと全く違うのだ。

特に、スピードのロスの少なさからフローターアクションが素晴らしく伸びる。

ちょいと速めのポジションからも、ワケ無くぬけていってくれる感覚なのだ。

ただ、まだ乗り込んでないので、ハッキリとは言えないが

どーしてもそのスピード感に

ついついハマッテ先走ってしまう

つか、そーいうラインになってしまう。

なので

縦へのアプローチが、スラスターに比べて難しいんではないかな?

ってなことは感じた。

でもでも、クアッド、面白いです。楽しいです。

波に喰い付きながら走れる感覚はかなりいいかも。

かっ飛ぶのが好きなサーファーには

最高なアイテムになるのではないのでしょうか?

今度は少し大きめな波で、その性能を確認してみたいな。

その時はまたレポ致します。

って、私のレポでは

あまり参考にならないかも知れないけど・・・・・。

・・・・・

・・・

あぁぁ~・・・早くいい波乗りた~い・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

充電完了。

充電完了。
やっぱね、こいつらは最高!

世界最強のライヴの称号はハンパでは無い。

弾ける興奮と夢のような時間をありがとう・・・。


・・・・・


・・・




次は
今月アルバム発売予定の
ケミカルブラザースのツアー辺りに狙いを定めて
それまで、頑張って
仕事に行くか・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

明日はドーム。

B待ちにまったドーム公演。

いよいよ明日だ・・・。

ここ最近、いい波にも恵まれず

溜まりに溜まったストレスうんぬんを

東京ドームで、一気にスパークさせてきます!

いやホント、私にとっては

こ~いうイベントも、とっても大事なこと。

仕事、その他いろいろなシガラミなど、嫌なことは全部忘れて

思いっきりスパークできることは

海以外は、なかなか在りませんから・・・・・。

・・・・・

・・・

つーことで、明日

行って来ます!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

で、今日も海。

で、今日も海。

最高の天気と
最悪の波に恵まれた日曜日。
で、今日も我が家は総出で海・・・。
 
あいにくの波に、私はウェットさえも触ることが無かったワケだが
それでも子供達は、まだ冷たい海だけど楽しく遊んで過ごした。
 
そして私は海には入らず
子供達とゴミの無い綺麗な浜でキャッチボールに汗を流したのみ・・・。
 
海に来ても、ノーサーフ・・・。
 
たまにはこんな日もありますよ・・・。
 
でもやっぱり
 
いい波を・・・
 
私にください・・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

土曜の休日

土曜の休日

今日は久しぶりの土曜の休日。
いつもの休日と同じく、出かける所は、決まって海。
 
で、今日は珍しく、長男と二人で、仲良く行くことに。
海のコンディションも、決していいワケでは無い。
むしろ、全くいい波では無いが
ウチの長男にとっては、それでも十分練習にはなる。
 
て、ことで
二人仲良く海へ。
しばらく、悪い波に、私もコゾーも、すったもんだと格闘していると
師匠の直人プロが入ってきた・・・。
 
して
とても、ありがたいことに
なんと
ウチのコゾーに、マンツーマンでレッスンをしてくれたのである・・・・・。
 
 
私たちは
この恵まれた環境と海に感謝し
また二人で仲良く
家路に向かう・・・・・。
 
 
そして
明日も
家族で海に向かうのである・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

新兵器

新兵器
メタポの恩恵を

しっかりと受けている私の
新たな新兵器は


RNF-Q(ラウンド・ノーズ・フィシュッ・クワァッド)
5′10″×21″×2 1/2″


写真とテンプレートからも解る通り

今現在の、私の体系を象徴した

まさに、私の為の私のマシーン・・・。


このマシーンに

ハイスピードとハイアクションを求める私は

歳を重ねる事に

身軽なデブを感じさせるような

このマシーンを華麗に操る
素敵でナイスなオッサンを


目指している・・・・・。


・・・・・


・・・





ワケではない・・・。


・・・・・


・・・





と、思っているんだけど・・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »