« 晴れましたね。 | トップページ | 『ジャケット』 »

2007年7月23日 (月)

またまた勝手に評論回・・・

Burrow_t2590jbay07cestari_lそろそろ梅雨明けが、西日本側からやって来そうになってきました。

そんなことで

週始めである月曜の朝は、お日様の射す陽気に

「おぉ~!梅雨明け今日からか?!」

なんて思って仕事に向かったが、すぐに雲に覆われたりして

曇ったり、晴れたり、曇ったり、晴れたり、曇ったり・・・の

もの凄~く蒸し暑い日となってしまった・・・。

で、昨日の日曜

私の大好きな大相撲の夏場所

その名古屋場所の千秋楽は、惜しくも琴光喜の優勝はならず

朝青龍の堂々たる強さと凄さを魅せつけるような結果となったワケである・・・。

んでもって

相撲のお話

・・・・・では無く

話しがぶっ飛んでしまったが

WCT第5戦 Billabong Pro Jeffreys Bay 2007 

の結果は

今季2度目の嬉しい優勝となったTaj Burrowが勝利の美酒に酔った・・・。

日本時間では土曜の夜に開催されていたってことで

ネットライヴでその模様をご覧になった方も多いと思われる。

で、今回の大会は波もそこそこで、猛者の混戦する

好ヒートが順当に観れる、いい試合であったのではないだろうか。

注目すべきは、優勝記録が1年半くらい持ち越されているケリーの行方と

今季ポイントリーダーのミックの結果

ミックに続く熾烈なワールドタイトル争いを強いる選手の結果・・・。

んで

私がまたまた勝手に、評論してみちゃったりしてみると

なんつっても

その勝利が一番ドラマチックな展開だった、優勝者のタジ。

ラウンド1では、波があるにも係わらず

リズムにも、波にも乗れずダメダメだったのに

ルーザースであるラウンド2では

別人のようにふっ切れたサーフィンで、10ポイントを叩き出し

クオーターでは、好調パーコとの手に汗握る接戦を制し

セミでは、ミックとも接戦を展開しその戦いに勝利する。

その強敵を倒した勢いそのままで

ファイナルではケリー相手に最後のスパーク・・・。

こんなタジの、ドラマチックな勝利の要因には

もしかすると

今季タジが使用しているサーフボードに秘密があるのかも知れない・・・。

上にBillabongのHPからの写真を載せちゃっているが

そのタジの写真のボードをよく見てもらいたい。

従来のポリエステルボードでは必ずあるハズの

ボード真ん中にある「ストリンガー」が無いことが解かるだろうか?

このボード、従来真ん中にあるハズの

ストリンガーなるボードの補強材はレール部分に移行され

ボードをラミネートしている素材も従来のポリではなくエポキシなのだ。

でもって、更にストリンガーの無いデッキ部分の補強として

従来のファイバーグラスのシートを重ねず

Fire Wire なる、特殊なシートを使用しているのだ。

(もちろん、ボードの基本となるフォームも従来と違う素材である。)

このEPS Fire Wire なるボードは

従来のポリエステルボードに比べ数倍の強度と浮力を備え

更にボード自体のフレックス性能(板のしなり)も確保されているという

今、世界中の注目を集めている新世代、新素材ボード。

ぜ~んぜん、余談なんだけど

私は運良く、この素材のボードを実際目で見て、海で感触を感じたことがある。

私が常日頃からお世話になっているSurf Shop reaL 

直人プロが伊豆から発信している「NARAI SURFBOARDS」

早々と取り扱っているからなんだが・・・。

つーことで

すでにこの日本でも

上級者やエキスパート達には絶大なる評価を受けているこのボード。

今回のタジのこのボードを使用した2回目の優勝により

更に世間にフューチャーされることは間違いないだろう・・・。

こ~んなことを頭に入れて

もう一度タジのサーフィンの動きやスピードを

他の選手と比較して観ていただきたい。

タジのかっ飛び系のサーフィンのスタイルに良く合い

スピードあるボードのきり返しの速さと、スープでの安定感が解かるハズだ・・・・・。

・・・・・

・・・

それにしても

ケリーのクオーターでのサーフィンは凄まじかった・・・。

9.70と9.53で合わせて19.23ポイントなんていう

ハイエストヒートポイントを叩き出しちゃって

一人だけもう別格、別次元の領域サーフィン・・・。

なんて思って観ていたら・・・

この後疲れちゃったのか、セミでは何とか勝って

ファイナルでは、いい波乗るも、コケまくりで散々な結果・・・。

私はこんなケリーに

「やっぱり、ケリーも同じ人間なんだな~・・・。」

なんて、変な安心感みたいなものを感じた・・・。

ま~でも

私と変わらぬ歳であれですから・・・

いや、それ以前から

本当に凄いとかを

超え過ぎている人間であることに、なんら変わりはないワケであって・・・・・。

・・・・・

・・・

で、次回のWCTイベントは

結構なスペースをとって

9月のカリフォルニア、ローワートラッセルズで行われる。

もしかして

この大会結果でワールドタイトルが決定される

かも知れないといわれるほど

タイトル争い中の選手には、本当に重要な大会である次回。

今からその大会の行方が楽しみだ・・・・・。

|

« 晴れましたね。 | トップページ | 『ジャケット』 »

コメント

やっぱりケリーも人間なのね。。。。
ファイナルでは、すごい戦いが見れると思ったけど
残念だったよ。。。。

投稿: ☆mitsu☆ | 2007年7月24日 (火) 12:42

>>mitsuちゃん どもども。
そ~なの。
オレも観ていて、最初の1本目コケて
「あれっ・・・?」
って、思って
2本目、3本目で
「あれれれっ・・・・・?!」
ってな感じで観てましたw

でも、ケリーも同じ人間ってことで
もっと好きになったかな~。
まだまだ、引退しないで頑張ってもらいたいです!!

投稿: Yupee | 2007年7月24日 (火) 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184770/15852980

この記事へのトラックバック一覧です: またまた勝手に評論回・・・:

« 晴れましたね。 | トップページ | 『ジャケット』 »