« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

UNKNOWN

51fhedjctpl_aa240_8月最後の今日は、大粒の雨の音に目を覚ました。

秋を思わせる少し涼しい陽気に

寝ぼけながらも、夏の終わりを感じさせられた・・・。

もう秋になりますね。

今年の夏はとても暑く、とっても夏らしい夏となりましたが

7月の梅雨の期間が長かったせいなのか

「夏」の期間が少し短く感じ、あっという間に過ぎて行ってしまった

なんて思っているのは

私だけかな?・・・

明日からはも~う、9月となります。

台風の動きが気になってはいますが

兎にも角にも、少しでも台風スウェルを楽しめることを

宇宙に願いながら

週末は海に足を運びます・・・。

つか、最近

波が無さ過ぎて、夏も終わってしまうのに

全然波乗りしていない・・・。

波らしい波で、兎に角サーフィンをしたいです・・・・・。

・・・・・

・・・

ってことで

週末、明日はまだ

ここ伊豆辺りでは、まだまだ波は期待できませんが

(多分日曜辺りから反応してくれるかな?・・・)

秋に向かい、夜も段々と長くなってきた中

期待する波も無く、秋の涼しく過ごしやすい夜には

部屋でマッタリと、DVD観賞したりするのも

いい時間の使い方となりますね・・・。

でもって

毎度ながら、余計な前置きが長くなりましが・・・

今回紹介する映画は「UNKNOWN」

監督は、なんとこの映画が長編映画の初監督作品となる

ラテンの血が流れる、コロンビア出身のサイモン・ブランド。

エンタメに目敏い方は

当然この映画もチェック済みであり

この監督の名前もチェック済みであると思われるが

サイモン・ブランドと言えば、数々のアーテスト達のPVを撮り

現在CMやクリップで引っ張りダコの

ハリウッドで注目されている、新鋭天才クリエイターである・・・。

そんな彼の初監督作品てことで

ミーハーな私は、当然興味をそそられたワケなのだ・・・。

で、内容なんだけど・・・

先ず、この映画のスチュエーションが面白い。

出口が全く閉ざされた、究極の閉鎖空間となっている廃工場の中に

自分の記憶が、全く無くなってしまった5人の男達が

ありえないカタチで閉じ込められていて

そんな場所で5人は

少しづつ断片的に記憶を思い出して行き

本当の自分を見つけて行くというもの・・・。

当然、話が進むに連れて、5人の男達の記憶が蘇ると共に

このスチュエーションの謎や

話の展開が明らかになっていくストーリーではありますが・・・

この映画、オチがいいんです。オチが。

私的には、綺麗とも言えないと思えるこのオチが、たまらなく

そして、この映画を面白くしていると感じました・・・。

そんな映画のオチを面白くする

個性あるキャストも、もちろん魅力がある俳優を起用していますが

なんと言っても、オチにオチを加えたストーリーをより面白く

そしてこの映画を観ている者に

しっくり来ないように魅せる(観せる)この監督のセンスに

私はうなずくばかり・・・・・。

つーことで

ネタバレ感があるようなことを

少々書いてしまいましたが・・・

大人の不合理や

人間の芯にある、ど~しようもない想いを感じさせるこの映画

長い秋の夜の、お供にしてみてはどうでしょうか?・・・・・

「UNKNOWN」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

今回の台風様は果たして・・・

07083006やっと発生してくれた台風9号様。

昨年中は8月末までに発生した台風の数は12。

それを思うと、今年は少しスローペースな台風の発生回数である・・・。

しかし、私達の住む処とは反対の季節となっている冬真っ只中の

南半球は、サウスオーストラリア方面では

私達が経験する台風より、もっと特大で強烈な奴が連日発生しては通過し

もの凄いグランドスウェルを南海岸一帯に届けているらしい・・・。

で、今回の台風9号

残念ながら私のホームとしている伊豆では

反応があまり期待できない南東~東ウネリとなり

例えウネリが届いたとしても、吹き付ける東系の風に

大きくコンディションを乱されてしまうだろう・・・。

なので

過度の期待を持たず、ゆっくり次のグランドスウェルを待つとしよう・・・。

だけど、耐え切れず

ど~しようもない、波への執着の衝動が沸きあがった時は

太平洋の東側辺りに、少し足を伸ばしてみようかな?・・・

なんて

「台風」が天気図上に見られたたけで

仕事をしていても、そんなことばかり考えてしまっているのは

一般の、何もサーフィンとは係わりのない人から見れば

ほぼ病的ともいえる思考なのかも知れない・・・。

ある意味

「台風」に「恋心」に似たトキメキのような感情を寄せているのは

「サーファーならでは」と言えば、聞こえもイイだろうが

この感覚を解からない人達にすれば

いい歳してそんなことばかりほざいている「おっさん」は

ただの「キモイおっさん」であるだけなのかも知れない・・・。

と、今更ながら気付く私も

真っ直ぐと、確実に、「キモイおっさん」の道を進んでいるのである・・・・・。

・・・・・

・・・

でもって

そんな「キモイおっさん道」とは、全く無縁であるだろう「道」を行く

元祖「フェロモン系アーティスト」であり

いや、多分、これからも永遠の「フェロモン系アーティスト」として

私の中に存在するオトコ、「D’angelo (ディアンジェロ)」

デヴューシングルであり、当時のR&B界に衝撃を与え

もちろん彼の出世作となった

「Brown Suger」のPVを今日のクールダウンサウンドにどうぞ・・・・・。

D'Angelo - Brown Sugar

いつ観ても、何回聴いてもこの「オトコ」の創り出したサウンドは

「妖しいフェロモン」の匂いをプンプンと感じさせてくれます・・・。

そんな彼は、私とは歳が一つしか変わらないのに・・・

環境と才能が、こ~も違うものなのかと解からされますが・・・。

残念なことに

ある意味、才能がありすぎるアーティスト達には定番ともいえる

「薬物関連」と「女性スキャンダル」問題が

当然のように

彼にもつきまとって、絶えず話題となったりしていますが

狂おしい程の感情を与える、彼の創り出すサウンドに

また心を揺さぶられる衝撃の作品を

期待しているのは

きっと私だけでは無いハズである・・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

希望の月明かり・・・

004奇跡的に、曇り空が晴れた8時過ぎ頃

幸運にも、我が家の2階から

昨夜の宇宙の神秘を目にすることが出来た。

ウチの次男坊も、その特別な宇宙のイベントを

大喜びで観察し

「すげ~っ!すげ~っ!!」

を連呼していた・・・。

こんな体験が出来るのも、電燈の少ない田舎ならではなのかも知れないが

父親の私からすれば

生憎の曇り空の為、半分諦めていたこのイベントを

自分もしっかりこの眼で観る事ができ

そして何より子供達に、この神秘な月の輝きを見てもらえた事が

大変嬉しい出来事となったのは間違いない・・・。

002また次回のこのイベントまでは

たしか4年後辺り。(曖昧でスイマセン・・・。)

その時は、上のコゾーは中学2年生。

下のコゾーは小学5年生となっている・・・。

当たり前だが

宇宙の時間は、人間の時間とは比べ物にならないほど大きく永いな・・・。

なんせ、太古の昔から月は

その姿を変えることなく夜を照らし

その引力によって、地球とそこに住む生き物達に影響を与え続けているが・・・

その月が照らし、生き物のバイオリズムを司っている

この地球は今

私達人間の身勝手さにより

大きく姿を変えてしまっている・・・。

私の子供達が

父親、母親となった時、果たして、変わらずこのような出来事を

喜べる未来となっているだろうか?・・・

そんな在り得ない不安も

心の何処かに感じてしまうのは

私だけであることを願わずにいられないと

子供達が寝静まった後

皆既月食後の

美しいくも切ない月明かりを眺めながら想った

満月の夜であった・・・・・。

・・・・・

・・・

つ~ことで

そんな切ない想いは吹っ飛ばして

昨日載せたアメールが歌い、大ブレイクした

GROOVE THEORY の 「 Tell Me 」

を、昨日記事を書いていて、若い頃を懐かしく思い出したので

今日の曲にしちゃいます・・・。

GROOVE THEORY - Tell me

いやいや・・・今は本当に、懐かしく感じてしまう曲です。

ほんと、あの頃は何も考えずサーフィンばかりしてたっけ・・・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

今夜は皆既月食 ●

Keika01Keika02  クリックすると拡大出来ます。

 今日の東京での月食の時間が解かります。

今日は、全国から観察できるのは実に6年ぶりだという

皆既月食が観察出来る日。

私の住んでいる処では、生憎の空模様・・・。

少しでも曇り空が切れて、神秘的な月の姿を眺めたいものだが・・・。

多分、こんな滅多にない日に限って

生まれついての、究極の「雨漢(あめおとこ)」である私の魔力で

その望みも叶わぬまま

子供達のヒンシュクをかう姿が目に浮かぶ・・・・・。

・・・・・

・・・

て~ことで

曇り空のため、6年ぶりのレアな皆既月食を

全くもって観ることは出来ないかもしれませんが・・・

そんな神秘的なイベントを

幸運にも、部屋の窓から眺めることなんか出来たら

それはそれで

かなりロマンチックな気分に浸れるのではないでしょう~か?

今日のクールダウンサウンドは

そんな神秘的な夜に、良く似合う歌声の持ち主であり

昨日、私が好きなアーティストであると書いた

AMEL LARRIEUX (アメール・ラリュー)

を少しフューチャーしてみます・・・。

Amel Larrieux - For Real

1973年、3月8日のニューヨーク生まれ

なんと彼女、生まれた地域格差は果てしなくあるが・・・

私と誕生日が2日しか違わない同じ歳・・・。

そんな彼女は22歳のころ

当時のクラブ(まだディスコと呼ばれていたかも・・・。)でかかりまくっていた

「 Tell Me 」 を歌っている

(私達年代のクラブフリークなら、必ずこの曲で踊ったことがあると思います・・・。)

GROOVE THEORY (グルーヴ・セオリー)のヴォーカルとして

大ヒットを飛ばしていた・・・。

ちなみに私は、堕落した学生生活の中

明るいうちはサーフィンばかりしていて

夜はクラブなどで汗を飛ばしていました・・・・・。

んでもって

4年ほどGROOVE THEORYの一員として活躍した彼女はその後

ソロで活躍する傍ら

そのなんとも言えないアンビエントな雰囲気の歌声に

「The Roots」

「Sweetback」 (あの、「シャーデー」のバックバンドグループである!)

に、ヴォーカリストとして迎えられたりしたのだ・・・。

グルーヴ・セオリー時代

あまりフューチャーされることは無かったアメール。

実際、私がアメールのことを知るキッカケとなったのは

大好きなシャーデー(一応バンド名なんです。)が

ヴォーカルのシャーデー・アデュー抜きで

(とは言っても、彼女もしっかりアルバムには参加してますが・・・)

活動し、アルバムも発売された

「SWEETBACK」からなのである・・・。

この「SWEETBACK」なるアルバムも

かなりの傑作なので

これはまたの機会にでも紹介したいと思います・・・・・。

・・・・・

・・・

ってことで

こんなアメールの歌声をバックに

今夜の「皆既月食」を眺めてみてはいかがでしょ~か?

曇り空が晴れてくれたらだけど・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月27日 (月)

恐怖体験・・・

2007071

(←今回写真撮り忘れて、この写真は全然違う場所と波です。)

8月最後の週末

私は土曜日、ツマラン理由でバックレタ「K」は置いて

「KJ」と二人で、久ぶりのショートトリップへ。

場所は高速をかっ飛ばしての御前崎方面。

で、前夜は現場打ち合わせ等の

メンドウな夜のお付き合いがあった私は

寝不足気味もあり、波もあまり期待はしていなかったワケだが・・・

波、ありました。

しかも、期待を超えたかなり乗れる波・・・。

サイズはセットで胸~肩くらい。風無し。

で、場所は少しシークレットっぽい雰囲気の場所で

KJに案内されるがまま、私は始めて入るポイント。

実はココ、波はいいが、ある「イワク」があり

地元ローカルさえ、なかなか入らないポイントらしい・・・。

でもって、少しばかり・・・

いや、かなりビビリながら私は海に入ることに・・・。

入って納得の不安感炸裂・・・。

インサイドは何故か、川のようにサイドに流されるカレントがあり

そのカレントは見た目より流れが強かったことも意外であったのだが

それよりなにより私の体の感覚を不安にさせたのが

何故か、異常に高いそのカレントの中の海水温なのである・・・。

多分、体感的には40度近くあったと思われる海水温。

実際、ボードに塗ってあるWAXさえも溶けるほどなのだ・・・。

「うっげぇ~!!・・・あっぢぃ~・・・なんだこれ~?!」

KJと二人揃って顔を見合わせる度に

その異様な感じを確認しながら

自然ではない海の感覚に、不安を感じながらサーフィンをした・・・。

そんな中での波乗りだったワケだが

久ぶりの波らしい波に、私は自分が思っていた以上に波に乗りマクリ

ボードもなれて調子が良かったため

そのままそのポイントで2ラウンドもしてしまった・・・。

人も、やはりというか、当たり前のように少なかったので

伊豆から来た私達二人は、当然のように思ったよりいい波に乗りマクリ

サーフィン的には大変満喫したのだが

その異様な海水温と

ポイントの目の前にある建物の存在に対する不安感があり

自然以外の人的な危険が海にはあるという現実に

なんともいえない気分と恐怖を感じ

その場所を後にした・・・・・。

・・・・・

・・・

で、日曜は家族で下田のホームポイントへ行き、家族そろって海に入る・・・。

海は、私が楽しむ波はほぼ皆無状態ではあったが

伊豆のナチュラルな海水温と雰囲気に

「あのポイントは、絶対子供達に入らせられないな・・・。」

と、おもいっきり解からされたのだ・・・・・。

・・・・・

・・・

その「施設」の存在に

私達家族も恩恵を受けている生活をしてしまっているが

私は絶対、その「施設」に変わるモノは出来ると思っている。

何故日本が、日本人が

この「施設」にどっぷりとハマっているのだろう?

少しでも、その大変危険過ぎる存在の在りかたに気が付けば

節電、節約を考え

そして

温暖化さえも抑制できるハズである・・・。

「原子力発電所」

悪魔のようなその魅力と、はかり知れない危険をもたらす

あらゆる矛盾の象徴のような存在であるこの「施設」に

なんとか頼らないで

私達は生きることは出来ないのであろうか?・・・・・

・・・・・

・・・

で、気分を変え

夏の終わりの寂しさを感じ始めたこの時期は

楽しかった夏休みのことや夏の喧騒を思い出しながら

心地良いサウンドと共に

綺麗な「月」を眺めるのも良いのではないでしょうか?

ってことで

私の大好きな天才ミュージックプロデューサー「大沢伸一」率いる

「MONDO GROSSO」 の中から

これまた私の大好きなアーティスト

「AMEL LARRIEUX(アメール・ラリュー)」をボーカルに迎えた曲

「Now You Know Better 」

を今回のクールダウンサウンドにしました・・・・・。

Mondo Grosso feat. Amel Larrieux - Now You Know Better

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2007年8月24日 (金)

夏休みボケが続きマクっていますが・・・

Img0016(←Yoshiさんフォト)

段々と、日も短くなり、朝晩は涼しさを感じるようになってきました。

それでも、太陽の当る日中はまだまだ夏の暑さを

たまらなく感じさせてくれていますが・・・。

ついこの前、夏が来たばかりと感じていたのに

カレンダーの8月のページは残りはあと僅かです・・・。

皆さん、今年の夏はいかが過ごされましたでしょ~か?

思い返せば、7月の海の日に炸裂してくれた台風4号以来

これと言って凄い波にありつける日はありませんでした。

けど、お盆中では波もそこそこ上がったりもしましたが

中々いい波に恵まれる日も少なかったのではないでしょうか?

だからと言うか、なんなのか

そんな日々での、いい波に乗れた時の思い出は鮮明で

あの時の感覚や感情も、一際名残惜しくも感じてしまい

わたくし、全然夏休みボケが治っておりません・・・・・。

現実社会に戻ると

海の中のあの世界が、どれ程現実離れした世界で

そして、とても大事な貴重な時間だということが解からされます・・・。

だからサーフィンが辞められないワケだし

海へ通うことも辞められず

現実離れしたあの世界を求め続けてしまう・・・。

時には、夏の喧騒や混雑に

そんなことも言っていられない程の海の中での現実に

そんな気分を台無しにされるようなこともありますが

ハングリーに海に行き

自分だけの特別な波、特別な時間、特別な雰囲気

そして、とっておきの感覚を体感したあの悦びは

定番ではあるが

本当に、何事にも替えられないし

絶対お金では買うことの出来ないモノ。

これは

現実社会のもたらす、レールの引かれたリズムに

どっぷりハマった生活をしていると、なかなか体験できません。

もしかしたら、一生に一度あるかないか

もしくは、ず~と体験することなく過ぎていってしまうかも知れない・・・。

でも、サーフィンなんかを生活のリズムに取り入れてる方は

何回も経験していて

更に、その体験や体感を感じようと

海に自分の心と体を浸らせる・・・・・。

・・・・・

・・・

短い夏の終わりはすぐにやって来てしまいます。

夜のお誘いや付き合い

やわらかい布団への執着など

そんなものは後回しにして

今しか無い夏の残りを

早起きをして、目一杯満喫しましょう・・・。

海はいつもその場所で

みんなを受け入れてくれていますから・・・・・。

Jamiroquai - Love Foolosophy

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

小さなお客さんが来ていました

006充実した休暇を仙台にて過ごし

こちらに帰って来た後、幸運にも台風8号のスウェルで

波乗りを楽しむことが出来ました・・・。

んで

遊び過ぎた休暇とそのツケで、仕事もフル回転となり

休みボケの治らない私の体調と思考は

続く暑さのせいもあり、ど~にもならない程の混乱を極めています・・・。

つーワケで

ココの更新も、間々ならなかったってことを

言いたかったワケでありますが・・・。

ま~その、これはただの長い言い訳なんですけどね・・・・・。

つーことで

今回の仙台からの帰りは

小さなゲストが私達家族と一緒に着いて来ました。

054そのゲストとは、ウチの長男と同級であり、親友の「タヒ」。

そして彼の父親は私と同じ歳で親友の「ダニー」。

そんなタヒは、初めて伊豆への、ショートステイ経験です。

帰って来て翌日の17日に、みんなで下田の海に行き

サーフィンと海水浴を子供達と楽しみ

次の日は、私は仕事が在りましたが

そんな仕事も早々に切り上げて帰宅後

「タヒ」の「絶対行きたいリクエスト」の要望に答えて

子供達を連れて、夜の山へ「カブト虫採集」に向いました・・・。

最初のポイントで、「コクワガタ」が3匹程しか捕れない状況に

カブト虫採集には少しばかり遅いだろうと私は思い

ならばと

昆虫マニアの私の知人(子供達はクワガタ博士と呼んでいる・・・)に教えてもらった

とっておきの秘密のポイントへ移動することに・・・。

そのポイントへ到着してすぐに

1本のクヌギの木に10匹近く「カブト虫」達が群がっていて

子供達のテンションもスーパーMAXにヒートアップ!

私も写真を撮る暇もなく、ハンドライト片手に

悪戦苦闘しながら、カブト虫を捕まえていました・・・。

そんなこんなと

子供達も満足させる程、カブト虫採集も無事に終わったなと感じた時

事件は起きました・・・。

この山探索には

私の仕事用の軽カーで行ったのですが

このところの暑さの為の、エアコンフル使用と

カーナビ、カーオーディオ・・・と電気系の使用量の多さから

軽カーの、小さいバッテリーが寿命の終わりを告げるかのように

なんと、こんな日、こんな時に限って・・・

そうです

バッテリーがあがって、車のエンジンがかからなくなってしまったのである・・・。

かなり人里離れた場所であるので

当然、人の気配も民家の明かりも何もない・・・

あるのは

山の闇と

遠くから聞こえるケモノのような声と、虫の鳴き声・・・。

助けを求めようと、私の携帯を見るも

やはり、「圏外」となっている状況・・・。

さっきまでの「カブト虫」を捕れた喜びの興奮が瞬時にして

山の闇の恐怖に怯える子供達・・・。

その変わりように

何故か不謹慎にも面白く感じ、独り大爆笑している困った大人の私・・・・・。

20070818222102子供達が全員「男の子」だったこともあり

私の車を少し広い場所まで移動することをみんなで協力して行い

「兎に角、携帯の電波が繋がる所まで、山を降りよう!」

ってことになり

子供達3人は、何も言わずにしっかりと手を繋ぎ

懐中電灯を照らしながら、後ろで携帯のカメラを向けて

「ちょっと・・・こっち向いてくれないかな~?」

なんて言う私に、長男が

「お父さん、もうそれどころじゃないよ!!」

と、叱りの激を飛ばしていた・・・。

しばらく下ったところでやっと、嫁さんに連絡が取れ

更に山を2~3キロ程下ったところで

嫁さんに全員、無事に保護され

「珍道中」を終えた「カブト虫採集」・・・。

で、その次の日の日曜

「タヒ」を東京まで送って行く日となり

昨日の夜頑張った子供達のリクエストに答え

みんなで「東京タワー」に登り、東京の雰囲気と景色を堪能し

私の夏休みが終わりました・・・・・。

子供達以上に

とっても夏休みを楽しんでいたのは

やはり・・・

何をど~考えても

私であることは、間違いない・・・。

今年はそんな、とっても楽しい夏休みになりました。

「タヒ、宿題しっかりやって、また来年の夏休みも遊びにおいでね!!」

059

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

伊豆に帰ってきました・・・

002どもども。

何かとバタついてしまいBlogの更新も

仙台トリップの報告も遅れてしまいましたが

無事、16日に、静岡の伊豆へと帰って来ました・・・。

でもって、今回の仙台でのお盆休暇ですが

私、いや、私達家族は、ほとんどの時間を仙台新港のビーチにて

過ごしていたワケでありますが・・・。

今回も、私的にはマコトにビックなサプライズがあり

本当にいい休暇をとることが出来ました。

上の写真、デカイ顔の私の右側(向かって)にいるのは

ご存知、お互いの子供もカミさんも同級で親友である

フロリダ出身で、仙台在住(居候かも?w)にて

ただいまJPSAのサーフツアーを奮闘しているダニー・メルハド。

そして

私の左側(向かって)に立っている外国の方は・・・

な・・・なんと、最年少パイプマスターの称号を持つ

ハワイはノースショアのパイプラインのローカルであり

現役バリバリでWCTのエリートツアーをクオリファイしている

あの、ジェイミー・オブライエン君なのである・・・。

たまたま

彼女と、次のツアーまでの休暇を日本で過ごす時間を

友人であるダニーが仙台に居たってことで

本当にたまたま

少し波が上がった仙台新港に全くのプライベートで

現役モデルの彼女と共に出没してくれたのである・・・。

んでもって

しっかり、一緒に写真を撮ってもらい

更に、海にて一緒にサーフィンもしました。

波は生憎、ジェーミーが本領を発揮する波では無かったのですが

なんと言ってもそこは世界のサーフスター。

Img0058 魅せる波ではしっかりと

(←Yoshiさんフォト)

サービスエアーをぶちかましてくれて

一緒に入っている私達やローカルの皆さんを賑わせてくれました!!

・・・・・

・・・

も~ね、いろいろと書きたいことだらけで

私の興奮も伊豆に帰ってきても冷めやらぬままなんですが

今回の帰仙を、とっても充実なものとしてくれた

仙台新港の波の良さと

そこに集まる、仙台新港を心から愛するローカルの皆様・・・

仙台時代の私のボスであり、良き理解者であるJさん

私のサーフシーンまでシュートしてくれたYoshiさん

ギリギリ逢うことが出来た親友Hide

いつまでも素敵なライフスタイルのMam

そして寝ボスケのAyk

サーフィンと旅を楽しんで輝いているKよっぺ

ローカルであり、私にサーファーとしての在り方を教えてくれた

Yたさん、Ohみさん、ミーシャさん、Yっこさん

Nぶさん、Yすさん、Kおーきさん・・・・・

そんな先輩達の背中を見ながら頑張っているJんくん

Jさんをサポートしながら素晴らしいサーフィンライフを送っているキクちゃん

そして、ダニーとジェイミー・・・

まだまだ、書ききれずの多くのローカルや家族の皆様に

人の繋がりの大切さを今回も教えていただきました。

本当にありがとうございました。

皆様に心からの感謝と尊敬をもって

私達家族もまた、こちらでサーフィンのある生活を頑張っていきます。

また、仙台新港で逢えるのを楽しみにしています!

ありがとう、仙台新港ローカルの皆さん・・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

ありがとう仙台新港・・・

ありがとう仙台新港・・・
ってことで
充実過ぎる程の、夏休みを仙台にて過ごし

いよいよ今日、静岡に帰るワケでありますが

今回の帰仙は
もちろん私が楽しむ程の波にも恵まれ

そして何より
懐かしい仲間達との再会があり

更に
とてもビッグサプライズ的な出逢いもあったりと
大変充実したものとなりました。

お盆休暇をおもいっきり満喫するため
このブログを少々休ませていただきましたが
伊豆に帰ったら
また報告致します。

つーことで
後ろ髪を、凄い引かれる思いで
今日、仙台を発つワケでありますが

仙台の皆さん
本当に楽しい時間と出逢いをありがとう!!
また、帰って来たら海で会いましょう!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

今夜出発・・・

Abeautyつーことで、慌しくなってしまいましたが

今夜、仙台に向けて出発します!

仙台の皆さん着いたらヨロシクです!!

では!良い連休を!!いてきま~す!・・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

今日も暑かったですね

160いや~、暑い。暑い・・・。

今日は、仕事も遅くなってしまい

夜になっても暑さが消えなくウンザリするほどでしたが

皆さんもこのクソ暑い中、仕事等、頑張っていると思います・・・。

で、長い梅雨も終わってみれば

連日夏を感じ過ぎる程の陽気に恵まれ

いささか私もバテ気味となっていますが

もうすぐ、お盆休みの連休が待っています・・・。

もちろんそんな世間の休みには

「そんなの関係ね~!!そんなの関係ね~!!」

ってな方も、もちろんいるでしょう!

しかし、私はしっかりと休ませていただきます。

「そんなの関係ね~!!」ってなことで・・・・・。

・・・・・

・・・

でもって、明日の朝一は、絶対海に行こうと思っているので

今日のBlogは簡単な内容で終わらせてもらいます。

つーことで、おまけ映像は引き続き「E・B・T・G」

レイヴ版「Before Today」をご覧になって

クールダウンしちゃって下さい!

も~ね、「E・B・T・G」なんたらと

書き出したらキリがなくなってしまいそうなので・・・

今日はこの辺で・・・。

お休みなさい! Have a good night !!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

今ある幸せの大切さ・・・

165正直、今回のことはここに書こうかどうしようか悩んだが

私の日々のBlogなので、書こう・・・・・。

今日からお邪魔している現場は

いつも私達を大変ひいきにしていただいている

大切なお客様のお宅。

実はこのお宅には、障害を抱えたお兄ちゃんがいる・・・。

私はもう何度も、このお宅に伺っているので

このお兄ちゃんには私の容姿をすっかり覚えてもらっており

今では私がお邪魔してすぐに

訪問客が私であるということが解かると

何故か大変喜んでくれて

更に何故か

このお兄ちゃんと私だけのお約束となっている

挨拶のようなコミニケーションとして

私の「アゴヒゲ」を嬉しそうに必ず触ってくるのだ・・・・・。

・・・・・

・・・

こんなことを、こんなところで、私なんかが語ってみても

大変無知で、失礼極まりないことも承知であるが

きっと、私達健常者には全く理解することも出来ない

この御家族の皆様だけが知る苦労が

沢山あるかも知れない・・・いや、必ず沢山ある・・・。

しかし、このお客様家族は

そんなことも少しも感じさせない明るさを持ち

私達に対しても

仕事を与えている立場であるのにも係わらず

こんな一職人の私達に大変気を使って接して下さる・・・。

当然私達も、出来る限りの心をこめ、出来る限りの技術を用いて

お客様の為に自分達の仕事を一生懸命することによって

私達に頂いた感謝の気持ちを、お返しをするのだ・・・・・。

そんなお客様と出逢う度に

私達家族の・・・いや、私の今ある幸せを

心の底から、本当に・・・

いろんなこと全てに感謝し、大切に思うと芯に感じるのだ・・・。

そんなことを想い感じながら私は

また明日も、私の「アゴヒゲ」を嬉しそうに触る

あの純粋無垢な笑顔に逢いに行くのである・・・・・。

・・・・・

・・・

でもって、今日のおまけは

またまた前回に引き続いて

Everything but the girl 

の映像でいってみたいと思います。

この曲自体は「マッシブ・アタック(Massive Attack)」

がプロデュースし、発表している曲であるが

(フューチャリングアーティストとしてトレイシー・ソーンがボーカルに抜擢されたんです。)

なんといってもこの後の二人(Everything but the girlの音楽の方向性を

グランドビートの始祖である「マッシブ・アタック」によって

引き出されたといっても過言ではないほどの、意味を持ち

そして分岐点となった、外せない作品の曲です・・・。

今回の映像はその曲「Protection」

レイヴでベン・ワットがシンセを操り

トレイシー・ソーンがマイクを持つという、貴重な映像です。

是非、あなたのクールダウンサウンドに

加えてみてはどうでしょうか?・・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

おいしいお肉喰いマクリ!!

1いや~、今日も暑い・・・。

も~、朝から暑くて

現場はせっかくの仕上げ仕事なのに、私の汗で・・・・・

それも仕方がないでしょう。だってすんげ~暑い現場だったから・・・・・。

てぇぇ~ことで、皆さん週末は夏を満喫しましたでしょう~か?

私は昨日の日曜は、相変わらず海に行ってましたが

ウチのご長男は、サッカーの試合が土、日の2日連続の為不在なので

下の次男坊を連れ、海に繰り出し

波は生憎、私が楽しむコンディションではなかったってことで

次男坊のサーフィンレッスンをマンツーマンで楽しんでいました。

で、長男が帰宅するまで遊んで

共にクタクタになっている子供達のリクエストと

先送りされていたウチの嫁さんの誕生日のお祝いも兼ねて

私の友人でもあり、よき理解者(?)でもある

通称「こーちゃん」が

可愛い奥さんでお店のアイドル「M嬢」(なんか変かな?)

と共に営んでいる 焼肉 「丑はる」 さんへ繰り出しました。

「こーちゃん」、歳は私の一つ上ってことで話も良く合い

後輩Kを通じてとても仲良くさせていただいています。

つかね

ここの「丑はる」さんは知る人ぞ知る

地元では大変リスペクトされている、すっげ~おいしい焼肉屋さんの名店。

2でもって「お肉」の味の良さはもちろんなのだが

「こーちゃん」の作る「手作りカレーライス」

これまた、焼肉をたらふく喰っているのにも係わらず

全然イケテしまえるほどナイスなのである・・・。

家族四人でたらふくのお肉とカレーとビール、更にデザートの

手作りシャーベットまでも完食し、ご満喫で帰宅した私は

激増している体重もカロリーも

今日の仕事の汗でたっぷり流れてしまったと

自分で都合よく解釈しているワケなのだが・・・。

「こーちゃん、おいしいお肉、ご馳走様でした!家族でまた行きます!」

つーことで

こんだけヨイショしたってことで

また、いろんなサービスしてもらおぅ~って、魂胆がバレバレなのでありますが

ほんと~に、おいしい名店なので

近くにお越しの際は、是非「丑はる」さんで

ガッツリ焼肉&カレーを堪能してみて下さい!!

・・・・・

・・・

んでんで

夏のクールダウンシリーズです・・・。

アーティストは前回に引き続き Everything but the girl から

94年発表された傑作アルバム「Amplified Heart」に収録されている

「Rollercoaster」のPV。

この曲が収録されているアルバム「Amplified Heart」

ベン・ワットが

あらぬ難病から奇跡の復帰を果たした後のアルバムであり

この後ユニット名を「E・B・T・G」と名乗るきっかけとなる

二人の、間違いなく傑作のアルバムである・・・。

このアルバム以降、二人の活躍の場は

ヨーロッパ、アメリカ中のクラブシーンへと広がって行くほどの進化と

新しくも素晴らしい挑戦が展開されていくのである・・・・・。

で、この「Rollercoaster」なんだけど

ゆる~い、メローなリズムとは裏腹に、歌詞は

どうしようもない男(自分しか愛せないような男)に振り回される

女性の悲しい気持ちを、ストレートに表現したような歌詞なのだ・・・。

こんなことを含めて

気になった方は是非、アルバムを手にとって見てはどうでしょうか?・・・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

やっぱり、暑いです・・・

07080406今朝のスーパー朝一は

台風スウェルの残りを少しばかり期待してはいた・・・が

やはり・・・やっぱり、抜けた後の2日目ともなれば

大幅サイズダウンは免れないワケでありまして・・・。

波・・・かなりしょぼかったです・・・・・。

そんなコンディションにも

私的にはかなり嬉しい出逢いがありまして

サーファーは海の時間を共有することで、簡単に友情も芽生えることが

改めて解からされた、いい日でありました。

こういう出逢いを是非、大切にしたいですね・・・。

・・・・・

・・・

つーワケで

朝は天気もイマイチで暗く涼しく

波も潮が上げると共に、全然ブレイクしなくなりました・・・。

そんな波に、早々に見切りをつけ

ウチに帰ってきた後のなんとも凄い暑さを、ゆる~い風が

少しは軽減してくれてはいましたが・・・やっぱり・・・あ・・・暑いです・・・・・。

で、いきましょう

クールダウンシリーズ。(けっこう無理矢理な展開ですが・・・。)

今回フューチャーするのは

私の大好きなデュオ、Everything but the girl 

曲は名曲「Driving」のPV

メローなリズムにトレイシー・ソーンの歌声が心地いいです・・・。

二人とも若く新鮮な感じが、時代を感じさせますが

名曲はいつまでも新鮮さを失うことはありません・・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

やっと夏本番

039長かった雨季の終わりを知らせようにやって来た台風5号

その台風の通過後、今度は台風一過のフェーン現象により

夏本番を感じさせる陽気が続いている・・・。

天気も良く、波もあり

サーファーとしてはこんなに嬉しい日々は無いのでは?

つーことでみなさん

いい波に乗れましたか?

明日からの週末も十分波は残り、いい想いが出来ると思います。

くれぐれも、マナー等は本当に気をつけて

楽しい想いをしていただきたいですね・・・・・。

・・・・・

・・・

でもって、鬼のように暑い陽気に

寝苦しい夜も続いていると思いますが

そんな熱帯夜の日や、おもいっきり波乗りを満喫して疲れた夜は

いい音楽を聴きながら、クールダウンしてみてはどうでしょう?

ってことで

今日のおまけは

前回に引き続き、Cold Play の曲の中から

同じく美しいピアノの演奏から始まる「Speed of Sound」のPVをどうぞ。

ん~。夏のクールダウン特集・・・なんかいいな~・・・。

今日からしばらく、このシリーズで行こうかな。

つーことで

私の勝手独断セレクトの、クールダウンシリーズを続けますので

暇つぶし程度に、ご覧下さい・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

ウサギスウェル

ウサギスウェル
昨日は地元夏祭りの花火に胸を熱くし

今日は朝一
「ウサギ」スウェルを存分に満悦・・・。

さー、明日は仕事が忙しいぞ!

気持ちを入れ変えて
気合いを入れ、頑張るか・・・。

いや、ほんと
気持ちだけでもね・・・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

きてます・・・

Pc_typh0705

今日から、もォ~う8月。

んでもって

来てます・・・。来てますね~、「ウサギ」ちゃんが・・・。

今日のスーパー朝一はまだ、全然反応が無かったものの

AM7:30頃からスウェルが入りだした模様・・・。

私は生憎仕事がある為、海へ繰り出すことが出来なかった今日。

でもでも

明日はかな~り炸裂の予想なので

先ずはスーパー朝一のビーチに狙いを決め

潮の様子とスウェルの大きさを伺い、移動してみようかな・・・。

そーなんです

その為に、明日は仕事、オフを取りました。

とか言いつつ

いやホント、まともなスウェルで波乗りするのは

悲しいかな前回の台風以来・・・。

チョ~シにのって、またケガなどをしないように

気を引き締めてトライしなくては・・・・・。

・・・・・

・・・

てぇぇ~、ことで

そんな波のことを考えながら

現場からの往復、車の中で聴きマクっていた今日の曲をおまけに・・・。

Cold Play の 「Clock」

この曲、海に入っている時にも

私の頭の中では、けっこうヘビロテとなっています・・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »