« 祝福と再会 | トップページ | NG氏伝説・・・(出逢い篇 2)  »

2007年10月31日 (水)

NG氏伝説・・・(出逢い篇)

069このBlogを見ていてくれている、私のことを知る何人かの友人は

私の親友でもあり、盟友の

「イケル伝説」の持ち主であるNG氏のことは、当然ご存知であるだろうが

久ぶりに再会を果たした仲間達のたっての要望もあり

NG氏本人の了承も取れたってことと、私が常々

「いつか彼のことをココで書きたい!・・・」

と大いに思っていたので

彼の持つ数々の「伝説」を少しばかり書いてみよう・・・。

・・・・・

・・・

先ず、彼との出逢いは今から17年ほど前になるので

彼と「親友」としての付き合いも

かれこれ、同じくらいの月日が流れたワケであるが・・・。

話はその、今から17年くらい前のこと。

私は当時、世の中の右も左も解からない高校生活を終えたばかりで

新しい生活と、自分の将来を見出すため

進学の地を仙台に決め、期待と不安が入り混じった中

「柔道」を通じた道を選んだワケである・・・。

そんな私と似た心境と志を抱え、遠く長野の山奥から

同じ学校を選び、同じ寮生活を迎える何人もの新入生の中に

「彼」の姿もあった・・・・・。

・・・・・

・・・

一般受験で入学してくる生徒達とは、少しばかり勝手が違う環境の私達は

勉学はもちろんであるが

それぞれ幼き頃より「柔道」に全てを捧げていた猛者ばかりが集まる

言わば、その「柔道」の実績のおかげで進学することができた

本物の「柔道馬鹿」ばかり・・・。

当時、その学校体勢も「柔道強豪校」としての姿が目立っていたので

「柔道」が認められ進学してきた生徒は

一般入試で来た生徒とは

全く異質な「色」と「雰囲気」を持ち合わせていた。

なので、この学校設立以来、何年も続いているだろう

入学前の「柔道」の稽古合宿のため

他の生徒達より一足早く「寮」に入り、厳しい「柔道」の稽古と合宿に

汗と血にまみれた1週間を強いられたのである・・・。

入試の際、もしくは高校のインターハイの檜舞台の上で

何人かの同級生、先輩方は顔を眺めたことがあったりもしたが

実際同じ畳の上で「稽古」を通じ、襟を組み合わせるのも

ましてや同じ釜の飯での生活は

同郷やかつて同じ学校だった者以外は皆初顔合わせの者ばかり・・・。

で、聞けば皆、出身は北は北海道から南は九州、沖縄まで・・・

しかも、出身校はインハイや何やらで必ずその名を

一度は耳にしたことがある、各都道府県の「柔道」の名門校の者ばかり・・・。

で、そんな「柔道馬鹿」の猛者が集まる稽古なので

当然、現役バリバリの猛者達の練習は激しくアツいものとなるワケだ・・・。

そんなワケで

その合宿中は外出も許されず、寝て起きれば稽古

稽古が終われば飯を喰い、また稽古をし、飯を喰い

身も心もボロボロになったあとに先輩から

「寮」生活におけるありがた~いご説明を、説教を交えながら教えてもらい

皆で順番に風呂に入り、寝て、目が覚めればまた稽古に・・・

なんて、全く世の中の全てから遮断されたような閉鎖的な空間の中での

汗と血にまみれた合宿も

1週間が経ち、やっと、新入生として

諸先生、先輩方に認められるのである・・・・・。

・・・・・

・・・

合宿最後の日は、新入生がトーナメント制で試合を行う。

その試合は

「札決め」と云われる、体重制限、もちろん出身校や年齢も関係ない

その学年の「柔道」の順位を決めるための試合なのである・・・。

その中に、体重も私より階級が下なのに

小さな体で、大きな猛者を倒しまくっている飛び切り元気の良い奴がいた。

聞けば、長野出身で、インハイではベスト8という実績を誇るらしい・・・。

そんな彼の「柔道」スタイルは

その小さな体からは想像もつかないような

「大きな柔道」をするスタイルで

技は豪快で切れも良く、どんな相手でもどっしり構え、組合い、絶対頭を下げない

そしてどんな大きい相手でもひるむことなく

堂々と真正面から勝負を挑む・・・。

そしてやたらと元気が良く、試合中の気合も群を抜き

相手を投げる掛け声も、威嚇する声も馬鹿でかい気合を発するという

私がもっとも苦手な「柔道」スタイルの持ち主であった・・・。

なんと、その一番苦手なタイプで

私にとっては

「うっわ~・・・。すっげ~うるせ~奴だな~・・・。」

なんて思って眺めていた彼と

別の試合場でトーナメントを勝ち上がって行った私は

対戦することとなってしまったのである・・・・・。

・・・・・

・・・

つづく・・・・・。

・・・・・

・・・

つーことで

この話も書き続けるとすんっごい長くなってしまうので

続きはまた次回にします・・・。

同じ時間を共有した方が見たら、懐かしい思い出が蘇ってくるのでは?

と思って、書いているけどどうかな~???

で、懐かしいってことで

前回に引き続き、チャカ・カーンでいく予定でしたが

私の辛く、楽しかった「寮」生活のお話ってことで

当時、先輩であり主将であったラテンの血が流れるTN先輩の部屋から

爆音でかかりマクっていて

ゆっくり安眠も出来なかった思い出もあるけど・・・

今でもその懐かしさから、時々聴いてはあの頃を思い出します・・・。

もうね、この方達の説明は不要でしょう。

私達年代、少し上の年代の方達なら

誰もが必ず一度は耳にしたことがありますね。

今聴いても、最高にカッコ良く、素晴らしい名曲です・・・。

ん~・・・。

聴きまくったイイ曲ってのは、あの頃の懐かしい思い出を

鮮明に匂い付きで思い起こしてくれるから不思議ですね・・・。

私ばかりではなく、誰にもそんな曲は必ずあるハズです・・・・・。

|

« 祝福と再会 | トップページ | NG氏伝説・・・(出逢い篇 2)  »

コメント

なんだか、懐かしく拝見させて頂いております。人事のようにwakuwakuしながら半心dokidokiで楽しみであります。

投稿: NG | 2007年10月31日 (水) 23:35

早く続き書け!!
すでにニヤニヤしております。

投稿: hidekichi | 2007年11月 1日 (木) 10:19

早く更新しろ~。

投稿: hide | 2007年11月 2日 (金) 12:15

面白すぎる!!
しかも懐かしいねえ。。。
文字を読んでるだけでその当時を思い出すよ!
臨場感あふれるねえ^^
NGシリーズはこれから楽しみにしてるんで、バンバン暴露しちゃってください。

PS.Yupeeセレクション♪最高だったぞ~
   ありがとう!!

投稿: Michi | 2007年11月 2日 (金) 14:06

>>NGちゃん どもども。
つかさ~。もっとあなたらしく豪快に書き込んでもいいのよ!w
あなたの「伝説」でかなり引っ張らせて頂きます!
つか、すっごい企画考えちゃったw
次回をお楽しみに!!
 
 
 
 
>>hidekichi どもども。
焦らない・・・焦らない。w
まだまだ、「伝説」部分はこれからですから・・・。
つかね、今、オレ、忙しいの。
だから、のんびりと待っててちょ~だい。
 
 
 
 
>>Michi どもども。
かな~り、マニアックな選曲でしたが
喜んでもらえたなら何より!
ドライブミュージックとして使って下さい!

つか、「暴露」だなんて・・・。
「伝説」ですからぁ~!w

投稿: Yupee | 2007年11月 2日 (金) 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184770/16932199

この記事へのトラックバック一覧です: NG氏伝説・・・(出逢い篇):

« 祝福と再会 | トップページ | NG氏伝説・・・(出逢い篇 2)  »