« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

スタイル・・・

Nujabes-reflection eternal-(PV)

すっきりとしない天候が続き

気分もイマイチすっきりとしないこの季節・・・

そんな季節の時は

しっとりとした雰囲気にしっとりと溶け込む音楽でも聴いて

「気持ちをニュートラルに・・・。」なんてのはどうでしょうか?

ってなことで

今回は「Nujabes」の不思議と何処かで聴いた憶えを感じてしまう

こんな曲をおまけにしてしました・・・・・。

・・・・・

・・・

んでもって

仕事のキリがやっとつき、なんとか休日を取ることができた日曜

激しい雨が降る中

親友「NG氏」が遊びに訪れたってことで

向かった先はいつもの週末と変わらずいつもの海へ・・・。

前日、NG氏とYS氏と私の自宅で呑み過ぎてしまったこともあり

波の上がるのを待ちながら

朝はゆっくりと起きて海に向かいました・・・。

しかし雨、すごかったですね。

いつもなら、透き通ってボトムの砂の模様が解るくらい綺麗な海水も

昨日は流れ出た激しい雨からの影響ですごい濁っていました・・・。

肝心の波の方は、待って待って、やっとそこそこ上がり

なんとか楽しめる波になってくれました・・・。

んで

昨日は波に恵まれず持ち越されていた「支部予選」もあり

私の同郷の後輩である「KJ」が

なんと念願の本選へのキップを手にしたのです。

このことには本当に私も嬉しく

彼の日々の努力を知る私は、自分のことのように喜びました。

福島は「北泉ポイント」で行われる本選も

彼なら絶対、納得出来る結果を出せると私は信じているので

是非とも頑張って

そして、選ばれた人しか行けない本戦を目一杯楽しんできてほしいですね・・・・・。

・・・・・

・・・

Dsc00011ってなことで

激しい雨の中、写真を残すことも出来ず終いな最近なので

ここに載せる写真ネタが何もないので

少し前の写真をUPしながら

私の新しい相棒であるこのRN-QUAD君にも大分乗り慣れてきたので

サーフボードのことでも少し書いてみたいと思います・・・。

最近、サーフィンに対するスタイルの自由意識が

あらゆるメディア等で取り上げられて瞬く間に浸透した

様々なスタイルのサーフボード。

実際海でも数多くの様々な種類を見かけるようになり

そのブームは流行りを超え、かなり一般化してきた感じさえします。

事実、ミーハーバリバリの私なんかは

従来のティアドロップ型スラスターにはここ何年全く乗らず

どんなコンディションでもQUADやKEELSで

サーフィンを楽しんでいるワケですから・・・。

で、そんなボードで楽しんでいる私はいろいろな方に

やはりボードの調子を問われることも多いワケなんですが

正直な話、この手のボードは実は難しく

乗り込んでいけば行くほどにその奥深さに気が付き

その中から新鮮な楽しさを与えてくれるボードであると感じました。

それはつまりサーフィンそのものにも言えることなんですが・・・。

QUADに関しては、動き的な要素としては

スラスターと比べて全く劣るところは見当たらず

逆にアクション系の動きはしやすいくらいにも思います。

一見、フィンの数が3枚から4枚に増えることにより

水に対して抵抗を感じるよにも思えますが

海の上でボードをひっくり返してボトムに水を流し

水の動きの違いを比べると

その水流の動きは一目で違いがあることが解ります。

この水の流れが実際海の中で起こっているワケなので

スラスターとの違いを目で観て納得できるのではないのでしょうか?

TWINに関しても同様で

その水の流れの抵抗によりボードの直進性の違いもはっきりします。

逆にフィンを全部取り外したり

もしくはフィンの数を減らしてみたり、変えてみたりして

実際に海でサーフィンをすれば

フィンの重要性と位置の配分が

いかに絶妙のバランスで成り立っているかが体験できます。

これは私は息子と遊びながら波が良くない日に

いろんなことをして遊びながら気がついたことなんですが・・・。

いろんな種類のサーフボードで楽しんで

私が気付いた点を書くとすれば

TWINに関しては乗り心地の癖というか特徴がはっきり感じられるボードで

レールの切り返しが思った以上に難しくその難しい部分が

上級者にはたまらないフィーリングを与えてくれるボードであることが解りました。

で、QUADはその動き自体はスラスターに似た感覚でもありますが

先ず、レールを使ったターンの中でその違いや面白さが解り

逆を言うと、レールを使うターンが出来ないと

乗りこなすには難しいのではと感じました。

そう考えると取り回しの扱い易さはスラスターで

軸を中心とした動きはスラスターが一番し易いと思いました。

なので、スラスターで一通りの動きをマスターすることが

一番上達への近道になるということが解ります。

あとは、幅や厚み長さ等の点はそれぞれに見合ったテンプレートを

選択し見つけていけば、自分の求めるボードがイメージ出来てきます。

そんなことを考えながら違うフィーリングを求めて、セカンドボードを選択すれば

失敗したりすることは無くなるのではないのでしょうか?

トランジット系のボードをこれから選択しようとしている方は

参考にしてみて下さい・・・・・。

・・・・・

・・・

そして現在、こんなにも沢山のデザインのボードが溢れていると

それらを提供する側の知識や経験等も

その種類以上に求められることになります。

そして肝心の、そのボードを選ぶユーザー側なのですが

道具にいろいろなことを求め過ぎてはいけないってことが一番ではないのでしょうか?

サーフィンは道具あってはじめてサーフィンとなりますが

一番肝心なのは乗り手であるサーファーの問題なのです。

サーファーの数だけ求める動きも楽しみも違うように

今は同じ数、種類のサーフボードも存在するワケなんですが

ある程度のレベルとなれば

その道具を求める理由や条件も明確となってきますが

レベルが伴わない内に頭デッカチの情報に左右され

やれ流行りだからとか、かっこいいからといって

自分の求めるものに見合わないボードの選択をしてしまうと

サーフィンのレベルアップどころか

全く見当違いの楽しめない状況に陥ってしまう恐れがあります・・・。

やはり肝心なのは

レベルの高い技術と知識のある方に

実際海の中で自分のサーフィンを観てもらい

適格なアドバイスを貰い適格な判断をしてもらえることが一番なのです。

そしてそんな方達が、自分の通う海にいる状況がないと

本当に楽しみながら長くサーフィンと付き合っていくことは

難しいのではないのでしょうか?

そして

海に向かい続ける情熱と行動を持続させることが

本当に一番重要で必要なことなのです・・・。

その為には、少しでも海に向かえる環境を

なんとか自分自身で造っていく活き方も

サーファーとして求められるライフスタイルなのではないのでしょうか?・・・・・

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

大事なこと・・・

Nomak-Anger Of The Earth

意表をついて(?)、今回はおまけからスタート・・・。

最近私がハマっている「音」、「Jazzy Hiphop」・・・。

その「Jazzy Hiphop」という枠を超えて、今大ブレイク中の「Nomak」。

日本人の感性をくすぐるその「音」と「センス」に

私もすっかりハマっています・・・。

こんな「音」で夏を迎えるのもありなのではないのでしょうか?・・・・・

・・・・・

・・・

Dsc00069_2

過剰な期待は、いつものお約束と云わんばかりに

今回の「台風6号」にもフラレテしまいました・・・。

待ち焦がれる「恋」は中々実ることが出来ないのかな・・・?

なんて

台風に対する想いが「恋愛」に似た気持ちとなってしまっている

私のようなサーファーは、一般常識人からすれば

おもいっきり何処かが「病んでいる」としか思われず

とても理解に苦しむ人間と思われるので

あまり口に出して言ったりしてはいけません・・・・・。(涙)

つーワケで

今回もその恋が不発に終わってしまった感のある今週

喜ぶべきである仕事の依頼が殺到し

そのあまりの忙しさに、喜ぶどころかパニックに陥っている私は

その現実から逃避するようにBlogを更新しながら

PCのキーボードを叩いているワケであります・・・。

先週末は南岸を通過した低気圧の影響で

久し振りに波乗りを楽しめたワケなんですが

私の求める「サーフィン」となる波には全然至らないコンディションに

気持ちがスパークしきれないまま

久し振りの波乗りに体の疲労感だけが残ってしまい

そのまますっげ~忙しい今週に突入!となった次第なのです・・・。

逆に考えれば

このクソ忙しい週に待ち焦がれた「タイフーンスウェル」様がやって来なくて

ある意味良かったというオチに

少しだけ救われたような気もしないこともありませんが・・・・・。

って、何を言いたいのか解らなくなっているほど忙しいこの混乱ぶり

解っていただけるでしょうか・・・・・?

・・・・・

・・・

それにしても

波が多少上がってくれたおかげなのかなんなのか?

それとも季節が人を海へと足を運ばせるのか?

雨が降り続いていたのに日曜の海は一目で混雑だと解るくらい

サーファーの姿がありました・・・。

毎年ながら、季節柄の行事のようにも感じられますが

波の数に対して、大幅にあふれている人数の海のコンディションは

それはもうほんと~にモチベーションを削減させる風景であります・・・。

これだけ「サーフィン」というものが流行ってしまっている中

今時波のある休日に混雑を避けたポイントは

日本中何処にも無いのでは?と感じさせますが

海に入っている人の数は年々増え続ける一方

混雑に比例するようにトラブルも急増する一方なのです・・・。

その背景には

ここで書くにはとても書ききれないくらいの要因と原因が存在するワケなんですが

オープンになり過ぎた感のある海の雰囲気に

海に入る以前の、モラルとマナーの勉強不足さの方が大いに目立ってきています。

誰かれ構わずな雰囲気になってしまっていると思われる海は

実際海に入ると、そんなことは決して無く

それが陸から観た景色では中々解るハズが無いことも確かです・・・。

が、せめて

自分の技量を見定めて、入るポイントの判断が出来るくらいのことは

当然のマナーであり常識であるということを

少なからず、いや必ず勉強して海に来てもらいたいですね。

更に、混雑するポイントに集団での入水などは言語道断であり

そういったことが理解できない人達は

サーフィンを楽しむ資格は全く無いと言い切れます・・・・・。

・・・・・

・・・

私は「サーフィン」が本当に大好きで

私と同じ気持ちを持つ仲間達にも恵まれ

「サーフィン」の持つ本当の魅力を追い求め

多くの人達にもこの素晴らしい体験をしてもらいたいとも強く想っています。

しかし、悲しいかな多くのサーファーが増えることにより

多くのトラブルも増える矛盾に対しては本当に抵抗があり

なんとかならないものかと

自分に出来る範囲内の所で警告出来ることはするようにしています。

このことが善いことか悪いことかは解りませんが

私が「サーファー」として今存在する自分は

お世話になり続けた「本物のサーファー」である諸先輩達や

多くの仲間達から教えられたおかげであり

そのことを謙虚に受け止め行動して来れたから今があるワケです。

その方達は

何を求めることなく私に「サーフィン」と云うものの素晴らしさを伝えてくれました。

そんな方達が、身近な距離に少しでもいる人達は

私の言いたいことが理解できると想います。

しかし、こうしてネット環境等が普及し

顔の見えない中で、あらゆる道具や情報が手に入る時代

どういうワケか?そうした人と人との本当の繋がりは

ナンセンス的なものとみられ

まるで「自由」を感じられないようなことと見られているフシがあります・・・。

けれど、それは本当に大きな間違いであって

本当の「自由」とか「楽しい時間」や「素晴らしい体験」は

人の繋がりがあってはじめて成立し、感じることが出来ることなのです・・・・・。

・・・・・

・・・

考えてみて下さい・・・

素晴らしい想いや体験、もしくは辛かった出来事でもいいんです

そのことを体験した喜びや悲しみを誰かに伝え

共感したり、共感されたりすることによって

その想いはより増幅され、自分の中の記憶として鮮明に生き続けて行き

更にそのことがきっかけとなり

新しい「何か」を発見したり

行動したりすることができる原動力となったりしてませんか?

そして更に

それが自分を成長させ続けてくれる「糧」になってくれていると感じませんか?

少なからず私は今まで生きてきて

いろんな素晴らしい人達との出逢いの中で

素晴らしい想いや体験を経験してきました。

そしてそのことが上記のように原動力と糧となり前に進ませてくれています・・・。

それが「海」というフィールドだけでなく

仕事やあらゆる日常の中でも然りです・・・。

そんな奇跡的な素晴らしい出来事が

あらゆる人の繋がりの中に存在している事実を

多くの人達が感じ、行動してくれれば

素晴らしい世の中になってくれると思うのですが・・・・・。

・・・・・

・・・

そんなことを二人の息子に伝え繋げることが

先輩達が私に教え繋げてくれたことへの恩返しであり

とても大事なことであると

波乗りを心から楽しんでくれている長男の姿を眺めながら

熱いものが込上げてくるモノを我慢しつつ想っていた

雨の日曜日なのでした・・・・・。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

愚痴をグチグチと・・・

Dsc00064無茶な段取りの現場が立て続き

なんのオマケか

モニターを新品に買い換えたばかりなのに

今度は、な・・・なんと・・・PC本体がぶっ壊れてしまった・・・・・。

で、そのぶっ壊れた箇所が本体のハードディスクであったのでさ~大変!!・・・・・。

直したばかりのPCを信用し、メモリーに取って置かなかった分の

大事なお客様と会社の関係書類が全て消え去ってしまった・・・。

更に、OSが「ビスタ」に変わり、ネット関係の設定も一からやり直し・・・。

仕事関係の書類も作り直し、そんでもって現場も抱え

混乱した私は、錯乱状態の一歩手前まで追いつめられ

久しぶりに苦しい日々を送りました・・・・・。

つーことで

やっとこのBlogをいじれる環境になったワケなんです・・・。

んなことで更新が突如止まってしまいすいませんでした・・・。

また少しづつ気ままにUPして行きますんで

今後とも宜しくお願い致します・・・・・。

・・・・・

・・・

で、皆さんのPCは「ビスタ」ですか?

PC丸ごと新品に買い換えた為

今回から私もやっと「ビスタ」を使用することになったワケでありますが

「XP」に慣れ切っていた私の正直な感想としましては

この「ビスタ」、「XP」と比べまして

機能アップしたことを全面にヒシヒシと感じさせる反面

親切なのか不親切なのか解らない取扱いに、困った思いをしたりしませんか?

たぶんその機能の10分の1も使いこなせていない私が言うのも

大変失礼極まりないことだと思いますが

慣れてくるまでは、まだまだ混乱が続きそうな扱いであります・・・。

んでもって

プライベート・・・って言っても、海の話になるワケなんですが

5月中にあり過ぎた波は6月に入り2週目になる頃からピタッと止み

初夏を感じさせる陽気が続くも

楽しめる波は何処にも見当たらない日々が続きました・・・。

更には私が愛する第二の故郷である東北の地では

大規模な地震災害が発生してしまいました・・・。

被災者の皆様は、想像もつかないほど大変な経験をされ

ただただ、お見舞いを申し上げることしか出来ません・・・。

そして

東京、秋葉原では耳を疑うほどの凄惨な事件が発生し

容疑者が住んでいた場所が

なんと施工中の現場の近所であった為

警察官関係者や報道関係者、近所の方たちが集まり

私の現場の周りは騒然となりました・・・。

そんな状況を観た私は

他人事ではない現実を解らされ、複雑な心境に陥りました・・・・・。

・・・・・

・・・

ドラマや映画の中での出来事以上に

混沌とした現実が再現されてしまっている事実を

ここ数年間、いやここ数か月、数日の間に、どれほど耳にしたのでしょうか?

凄惨な事件はもちろん、自然災害における尋常ではない災害も

全ては社会的背景や人災が

何らかの形で影響を及ぼしているようにしか感じられません・・・。

例えば石油問題にしても

限りある資源なので、当然こうした事態は予測できたはずなのに

新しいエネルギー問題をクリア出来ないままの私達人間・・・。

その原油価格が想定外に跳ね上がり始め

あらゆるモノや人々に影響を及ぼしている真っ最中の中

自分の地位や肩書きに胡坐を組んでいるとしか想えない政治家は

消費税率を上げ、庶民に更なる負担をかけることで

安易にやり過ごそうとしてる現状・・・。

そんな政治家を選んだのは私達だからと

ただ為すがまま、為されるままで混乱した社会に身を置く私達・・・。

大変な事態を起こすことを予測出来なくなってしまっている社会に

まるで同調するかのように

自分自身をコントロール出来なくなってしまっている人間・・・。

そんな恐ろしい人間を生み出すような

この社会のシステムに「No!」と言える人達は生まれないのでしょうか?・・・・・

・・・・・

・・・

ある漫画雑誌の政治風刺ネタで

日本の2大政党を例えたネタがありました。

「自民党はどう?」

「ん~・・・例えば、ハンドルの無い車に同乗するようなものかな・・・。」

「・・・・・。」

「んじゃ~、民主党は?」

「民主党はもっと凄いよ!操縦桿の無い飛行機に乗るようなものだから・・・・・。」

「・・・・・・・・・・。」

こんなふうに例えられて、普通に納得して笑ってしまった私・・・。

かといって

理想論だけが先行し、批判ばかりに力を注いでいるようにしか感じられない

共産党さんや社会党さん・・・。

一体なんの寄せ集め集団なのか検討もつかない公明党さん・・・。

そんな方達に私達のくらしを背負わせていると思うと

全身が凍りついてしまうほどの想いに、不安感しか感じられなくなります・・・。

かといって私が

大それた意見や行動が出来る人間では無いのですが・・・・・。

そんなことを考えてみると

本当に選挙は大事だということを身に沁みて解らされます。

「支持する人がいないから・・・。」

とか

「んなもん、誰がやったって一緒・・・。」

とか言って、選挙に行かないようでは絶対ダメと云うことなんですね。

自分で考えた自分の1票に、しっかりと想いの伝わる票を投じるからこそ

現在の社会システムに興味を持つ行動ができ

小さなことからかも知れませんが

そこから世の中が変えられるのだと私は信じています・・・・・。

・・・・・

・・・

混沌を正しく導き、未来ある人間をつくり

美しい地球を守り続けるのも、全ては人間の使命なのではないのでしょうか?

じゃなきゃ

「サーフィン」を心から楽しむ環境が出来ないと想いません?

生きていくのが精いっぱいの世の中では

とても「サーフィン」どころでは無くなってしまいますからね・・・・・。

・・・・・

・・・

つーことで

ここ最近のあらゆる愚痴を

こんなとこでグタグタとぬかしてしまいましたが、話題変えまして

おまけシリーズです・・・・・。

「サーフィン」業界は良いも悪いも景気に遅れるように左右されると云われますが

こと「音楽」や「芸術」作品に関しては

平和な世の中よりも

世の中が混沌とし殺伐とした過酷な状況から

素晴らしい芸術性の高い作品が生まれるとも云われています・・・。

しかし、平和な世なら平和なりに

より心を楽しませてくれるモノが生まれることも確か。

それが「平和ボケ」とされる表現とは全く違く

大切な誰かと過ごす素晴らしい時間が、何処でもいつでも体験でき

その時間がず~と続くように願いながら

身を任せることができる「音楽」も絶対必要だと私は想います・・・。

んで

今回のおまけはメローなリズムに独特の歌声を聴かせてくれる

Sandra Crossの「曲」をどうぞ・・・・・

Sandra cross - aqua de beber

彼女のアンビエントな歌声は

ジャンルを飛び越え、様々なアーティストからのラブコールも多く

実は結構耳にしていたりするボーカルであったりもします。

これから本格的に梅雨となり

ジメジメとした雰囲気を、心地よい空間に変えるのには

彼女歌声はとっても最適なのでは?

そんな彼女の「曲」がYouTubeにあったことに

何故か少し嬉しく想ったので今回のおまけにしちゃいました・・・・・。

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »