« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月28日 (月)

だくだくのぐだぐだ・・・

KARMA POLICE-RADIOHEAD

毎日、毎日、暑いっすね・・・。

暑い上に仕事が忙しいと、バテる以前に毎日汗ダクダクで

水ものばかり取ってしまっている始末です・・・。

んでもって波がすっきりするくらい上がってくれればいいのですが

中々すっきりするくらいには上がってくれず

日焼けの肌がヒリヒリするだけの週末を迎えています・・・。

んなこと言っても

私はしっかり波乗りには行っているワケなんですが・・・

チョロチョロしている間に「お盆」も迫っていまして

今年の夏は

「もっ~!このクソ暑い中、仕事なんかやってられるか!!」

ってなイキオイで、親方であり機転の利いた私の独断の判断により

いつもの夏より少~しだけ長い「夏休み」を設けることに致しました・・・。

だってね、本当に現場は暑くて

仕事にならないくらい大変な日もありましたから・・・。

そんな中でも黙って頑張ってくれている従業員の若い衆の為にもね

「夏休み」をしっかりと取っていただくワケなんすよ・・・・・。

・・・・・

・・・

今時エアコンも無いわが社の事務所の暑さのせいなのか

文章もほとんどグタグタとなってしまいましたが

「うなぎ」でも食べて「精」をつけてこの夏を乗りきって行きましょう!

海も少し波が上がっただけで混雑は必至なので

事故やトラブルが無いようにしっかり気をくばりながら

楽しむ場所を見つけるようにしましょう!

私は「夏休み」まであと2週間ほどです・・・。

今日からもうひと踏ん張りして、夏前半戦のスパートを致します・・・・・。

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

夏が来ました!

Blue Horizon

何をするわけでも無く

ただ立っているだけでこめかみから流れ落ちる汗。

砂浜は、私達が見たくらいでは絶対に解らない太陽からのエネルギーを蓄え

裸足で砂浜に降りると

私達は始めてそのエネルギーの凄さを思い知らされる・・・。

顔を上に向け、眩しすぎる太陽から逆の方向を眺めると

青空は吸い込まれるようなきれいな「ブルー」となっていて

その「ブルー」になった空の周りを縁取るように姿を魅せている真っ白な雲は

とても色が濃く、そして近い・・・。

気まぐれに降る雨のあとの「匂い」は

子供の時から何よりも楽しみにしていたこの季節を・・・時間を

幼い頃の全ての記憶が

体中全ての感覚に訴えかけるように感じさせてくれる・・・。

そう、「夏が来た!」のだ・・・。

空を飛び、分厚い雲の中に飛び込むことが私達には出来ない・・・。

その代り

空の色がそのまま反射し吸い込まれるように輝く海に

雲を感じさせる真っ白な波の泡に

生まれたままの姿に最小限のモノだけ身にまとい

使い慣れたサーフボードと共に

波に乗ることで、空を飛びまわる鳥と同じになれる・・・。

そう、「夏が来た!」のだ・・・・・。

・・・・・

・・・

この世に生まれてから「夏」を迎えるのは36回目。

サーフィンを知り、迎える「夏」は18回目。

そして父親になり、「夏」を迎えるのは10回目となる・・・。

「夏」を迎える度に「夏」はより鮮明に「夏」を感じるようになった。

そこには確かに「夏」しか感じられない感覚があり

「夏」ばかりでは嫌だと想う感覚もある。

けれど、待ち焦がれた季節は「春」でも「秋」でも「冬」でもなく

何故か間違いなく、「夏」なのであるから不思議だ・・・。

記憶にある時期よりも早く聞こえる蝉時雨に

「今年の夏は暑くなりそうだ・・・。」

と、声に出して云ったつもりのない言葉が口から洩れる・・・。

今年の「夏」はどんな想い出を私達に届けてくれるのだろうか?

そんな「夏」がやっと来たのだ・・・・・。

・・・・・

・・・

寝苦しい夜と、街の中のなんとも言えない人口的な暑さ

ある意味「不快感」との戦いとなる季節でもある「夏」・・・。

そんなことがあるのにも関わらず

何故か嫌いになることが出来ない「夏」。

皆さんは「夏」が大好きですか?

野暮な質問だと感じますが、どうしても好きになれない人もいるのでは?

満喫できる思いと、満喫できない思いが極端に現れる「夏」は

エネルギーにあふれ、そしてエネルギーをとても消費します・・・。

今年はエアコンの消費するエネルギーを

良い意味で体と心を消費するエネルギーに換え

エネルギーあふれる「夏」に、身も心も消費してみてはいかがでしょうか?

何故なら吸収する「夏」のエネルギーは

「夏」しか体験できないものばかり。

今年も「最高の夏」が待っているハズです・・・・・。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »