« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月29日 (金)

速過ぎる秋の気配・・・

Dsc00081とても暑く、楽しかった今年の夏は

立秋の訪れと共に終わりを迎えてしまった気がします・・・。

それもそのハズ

私の地元からその雄姿をほぼ毎日覗くことが出来る富士山では

明治時代から観測が始まった「初冠雪」が

今年はあらゆる予測を超え

なんと観測史上ダントツの早さ(実に50数日ほど早い!)を

記録してしまったほど・・・。

んで、私自身も富士山近くの現場を訪れた際

8月なのに、大粒の「雹(ヒョウ)」に襲われる体験を致しました・・・。

この異常気象とよべる現象を

ナマで、肌身で、直接実感した時の恐怖感みたいなものは

本当に言葉や文字に変え、伝えることが出来ないほどのものでした・・・。

何かの本や映画で

「〈温暖化〉のあとは必ず〈氷河期〉が訪れる・・・。」

なんてことを思い出し

今年の短すぎる夏を振り返り、速過ぎる秋の気配に

その言葉に震え、脅える気持ちにすらなりました・・・。

こんなことが

何かの予兆の始まりにならないことを、ただただ祈るばかりであり

何故かもう

取り返しのつかない状態に陥っているような危機感が

ど~しても拭えない今日この頃・・・。

明日の波以上に、明日の地球が気になるようには

決してならないようになってもらいたいですね・・・・・。

・・・・・

・・・

Clay Marzo

その、アグレッシブかつトリッキーな動きの中にある

繊細かつ美しいマニューバーの数々に

彼の放つサーフィンに魅せられるサーファーは後を絶たない・・・。

と、現役の世界のトッププロ達にまで言わしめた

新鋭の天才グーフィーフッター、「クレイ・マルゾー」・・・。

私もすっかり彼の魅せるサーフィンの虜となってしまっていますが

そんな彼はまだ、ツアーを周ってはおらず

WCT入りするためのツアー、WQSシリーズにも参加していません・・・。

しかし

そんな彼のサーフィンの魅力にとりつかれたファンは多く

今年、クイックシルバーから

彼のシグネイチャーDVDが発売されます・・・。

全米のコンテストでは、過去3人しかいない「20ポイント」満点ライドの

一人となった彼のコンペスキルは

今後のツアーへの参加意思が非常に期待されています・・・。

私も、彼の「超未来的」なサーフィンが

エリートツアーで、どのように評価され、進化していくのか

楽しみにしているファンの一人であります・・・。

「手を揉む姿」がすっかり印象的となっている

彼が持つ独特の不思議な雰囲気は

かの「トム・カレン」が放っていたなんとも言えない不思議さと

かぶっていると想うのは、私だけなのでしょうか・・・?

先ずは彼のDVDを手に入れて

今後の彼の動向と

そして、もの凄く激しく、そして美しいサーフィンに

注目してみることをおススメします・・・・・。

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

特別企画!&NG氏の災難・・・

Coldplay - Yes

最新アルバム「Viva la Vida」の売行きも絶好調の「Coldplay」!

そのアルバム中の「Yes」とタイトルがついた曲は

幸運にも(???)私の最新オリジナルセレクトCD(完全非売品!)を

手に入れたラッキーな方(?)はご存じだと思いますが

私はかなりのお気に入りの曲・・・。

このアルバムからのセレクトには「42」と云う曲とこの「Yes」を

どちらを起用しようか最後まで悩みました・・・。

つーことで

今回もプレゼント企画を検討しましたが

個人情報等、いろんな問題もある為

数人の友人の方のみ、先行して差し上げました。すいません・・・。

が、しかし

私のコンピセレクトCD[Yupee Selection's Extra Version 1~5 ] が

まだ3組分、余分にあるため

「ど~しても、欲っすいぃぃっ~!!!」

てな方のみ、プレゼント致します!!

で、またいろんな方からいっぺんに言われても困ってしまうので

今回は本当に、完全先着3名様のみにさせて頂きます!

え~っと、応募の方法は

「あんたのCD、すっごく欲っすいぃぃっ~!!!」

と、必ず!必~ず!記入して

mixiやってらっしゃる方は、私のとこを検索して頂き、メッセをして頂くか

(Izu Yupeeで検索可能だと思います・・・。)

知人、友人であればこのBlogのコメント欄にも同様に

上記のことを必ず記入してくれればOKです!

で、私のことを知らなくて

「おいおい。信用できね~よ・・・。」

とか

「んだよ!・・・メンドくせ~!・・・んなCDなんかいらね~し!・・・・・」

なんて方は、全然シカト、スルーしちゃってOKです・・・・・。

・・・・・

・・・

さ~この、またもやワケ解らぬ特別企画・・・

いったい誰が幸運のCDをゲットできるのでしょうか?

今回の選曲もあらゆるジャンルにとらわれず

このCDを聴いてくれる全ての人の日常が

映画のように素晴らしい日々が訪れるようにと

1枚、1枚、何かの映画のサウンドトラックをイメージしてセレクト致しました・・・。

なので、Rockもあれば、Hiphopもあり、果てはElectronicaに至るまで・・・

なるべく曲の繋ぎに違和感が無くなるように

一生懸命考えました・・・。つか、つもりです・・・。

海に行く時はもちろん

アフターサーフや通勤通学、恋人との大切な時間に・・・などなど・・・

あらゆる場所にマッチ出来るのでは?

と、わたくし、勝手に想っておりますが・・・

ご応募、是非お待ちしております・・・・・。

・・・・・

・・・

010つーことで

週末は波はそこそこ、でも、天気は怪しく

日曜日に至ってはかなりの大荒れの天気となり

夏休み明けの週末、またまた伊豆に訪れていた親友NG氏と一緒に

伊豆を飛び出し、今度は御前崎方面へ向かいました・・・。

ちなみに上の写真は土曜日のホームです・・・。

日曜日の御前崎周辺は、波が落ち着いてしまった伊豆よりもサイズがあり

朝一は風もなくクリーンな状態でありました・・・。

午前9時前あたりから猛烈な風と共に、強烈な雨となり

その影響で波はジャンクコンディションに一気に早変わり・・・。

そんなコンディションに見切りをつけ1ラウンドを終えると

現地でおち会っていた伊豆の仲間達と、静波までチェックすることに・・・。

途中寄ったコンビニにて

偶然にも、またまた別でやってきていた仲間達と遭遇し更に合流・・・。

大雨の中、静波方面をチェックしてみたものの

降りつける大雨に雷まで炸裂してしまい

海に入るタイミングさえも見つけられないまま海を眺めていると

静かに雨が止んでくれたと思ったと同時に、波も無くなり

これならばとまた、来た道をもどり、またまた御前崎方面へ移動・・・。

んで

御前崎方面に到着すると

ほんの1~2時間前は、強烈なジャンクコンディションであったのに

風の方向が変わり、波もまとまり始め

十分サーフィンが出来るコンディションに!・・・

その海の様子に

伊豆の仲間達と足早に着替え、みんなで海に・・・。

先ほどまでの激しい雨と風に

それまで居たサーファーの数は激減していて

なんと、御前崎のあるポイントで

御前崎なのに、伊豆から来たサーファーだけの貸切状態に・・・。

先日、伊豆に来る途中

自慢の愛車が突然故障してしまうというアクシデント見舞われたNG氏も

そんなことを忘れ

「胸~肩、たまに頭」サイズのちょうどいい波のコンディションを

更に、仲間内だけの楽しいセッションを心から楽しんでいました・・・・・。

・・・・・

・・・

って

ここまでは良かった良かったで終わるのですが・・・・・。

セッションも中盤に差し掛かった時

セットの波に「これでもか!」ってな突っ込みを魅せたNG氏。

私の予想を裏切ることなく

本当に見事なパーリングを披露し

不覚にも大爆笑してしまった私は、その後の動向を眺めていると

サーフボードが浮かんでいるところに

NG氏の姿が見当たらないことに気が付いた・・・。

先ほどのセットがブレイクしたピークの方へ目を向けると

なんとそこに、NG氏の姿が・・・。

その様子に私は

「やばっ!!NG氏のリーシュが切れた!」

てなことを悟り

NG氏の近くに行くと、彼の安全を確認し

予備のリーシュコードが車にあることだけを告げた・・・。

しかし、流されたボードの行方が心配になったので

すぐに来た次のセットで波を捕まえた私は

流されたNG氏のサーフボードを追いながらインサイドへ・・・。

後少しのところで、サーフボードはインサイドのスープに捕まり

私がど~しても手の届かない所に行ってしまい

そのまま岸に打ち上げられてしまったのである・・・。

更に沖の方を振り返ると

さっきまで私のいるところよりも左側の方にいたNG氏は

御前崎の強烈なカレントに捕まり

ずいぶんと右側の方まで流されていることが確認できたのだ。

すかさず私はボードはそのままに、NG氏の方に向きを変えNG氏のもとへ・・・。

ちなみに御前崎のこのポイントは

ウネリが頭くらいになると、強烈なカレントが所々発生し

更にインサイドには、海の上からは見えない無数のリーフが点在し

潮が大きく動く時季と干潮が重なった時などは

このリーフに、いくつものサーフボードやスゲッグが餌食になっているのだ。

おまけにサイズがあればある程、波のブレイクする場所も

伊豆とは比べ物にならないくらいアウトサイド(沖側)になるのである・・・。

そんな、コンディションのポイントであるため

私がNG氏のもとへ辿りついた時は

屈強の元アスリート出身であるNG氏をもってしても

自然が創り出すパワーに

「チカラ」を吸い取られ、若干凹み気味状態に・・・。

かなり流されながら泳いでいたNG氏に

私のボードに捕まらせ、休息を取らせると、少しインサイドまでお供をし

安全な場所まで行ってから、彼を解放して

予備のリーシュコードの場所を再度伝えると

私はまたアウトサイドに向けてパドルを開始した・・・。

この一部始終を見ていた

ピークで待つ仲間たちも、NG氏の動向を心配していたようで

私は、リーシュが切れただけで心配はないことを仲間達に告げると

また再び、仲間達との楽しいセッションを開始したのである・・・・・。

・・・・・

・・・

セットを待つ間は、仲間達とくだらない話に盛り上がり

セットが来れば、順番にストレス無く、波に乗りまくる・・・。

そんなこんなで

再びNG氏がアウトに向かってくることを待っていたものの

何故かいつまでたってもNG氏は海へ来る気配が無い・・・。

それどころか、海から駐車場が丸見えとなっているので

NG氏の姿が確認出来た時は

彼はもう着替えを済ませてしまっていることが解ったのだ・・・。

このNG氏の姿に、私も仲間達も

「あれだけ泳がされたりしたら、いくらNG氏でも凹んじゃうよな・・・。」

なんて、勝手な想像して、笑話にまでしてしまっていた・・・。

それからしばらくして

いい加減波に乗りまくり、クタクタに満足した私は海から上がり

駐車場に向かうと

悔しさを滲ませ、複雑な顔になっているNG氏が私を迎えたのである・・・。

その理由を尋ねると

ことの真相が明らかになった・・・。

なんと

リーシュコードが切れたものだとばかり思っていた出来事は

リーシュコードが切れてしまっていたのでは無く

サーフボードとリーシュコードを繋ぐ

サーフボードにしっかりとくっつき、一体となっているハズの

リーシュカップそのものが

サーフボードからズっぽりと綺麗に抜けてしまっていたのである・・・・・。

・・・・・

・・・

流石にこのワケの解らない彼の不運さみたいなものに

私も返す言葉が見つからないほど、同情した・・・。

愛車のあってはならないトラブルに続き

愛用のサーフボードのあってはならないトラブル・・・・・。

003

今回彼の伊豆への旅で、彼に降りかかった災難が

どんな呪いの結果なのかは定かではないが

帰りの車中の助手席で

燃え尽きた灰のようになり

いろいろな疲れが蓄積していたであろうNG氏・・・。

そんな疲れ切った彼をそっと休ませながら

彼の面白過ぎる寝顔をカメラに収め

私達は御前崎を後にし、伊豆に帰っていったのである・・・・・。

・・・・・

・・・

そんなNG氏は

何度も書くが、元アスリートで、今は自分だけの城を持つ立派な社会人であり

サーフィンと釣りが大好きな、優しく真面目なイケメン独身男である・・・。

そして、嫁さん候補をいつでも何時でも募集しているので

詳しい詳細が知りたい嫁さん候補に名乗りをあげる独身の女性の方

私の所に是非ご連絡下さい・・・・・。

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

楽しかった夏休み・・・

Underworld - Crocodile

残念ながら彼らのライヴに足を運ぶことが出来なかったので

今回はそんな彼らのPVからスタート・・・。

この曲をライヴでナマで聴いちゃったりしたら

それはそれはきっと大盛り上がりになるんだろうな・・・・・。

・・・・・

・・・

012てなことで

若干遊び過ぎた感のある

長くも短かった夏休みもとうとう終わってしまいました・・・・・。

今週からは、いつもの「非現実」の社会生活がまた繰り返される日々に

汗水垂らし、遊び過ぎた反動と戦う日々が始まりました・・・。

そんなワケで楽しかった「現実」を振り返りながら

私の夏休みを公開してみます・・・・・。

・・・・・

・・・

つーことで

今年の東北遠征は、残念ながらスパークする波には恵まれませんでしたが

久し振りに逢った仲間達との楽しい宴にはスパークしまくりで

そこからは毎晩のようにアルコールに浸り

それはそれで

私は「非現実」に帰るのが恐ろしくなるくらい、大いに楽しんでいました・・・・・。

011到着した朝一の初日は

コンパクトながらもフラットが続いていた伊豆の波よりも

全然楽しめる波を仲間達と共に満喫し

海から上がり駐車場に戻ると

なんと私の車のお隣さんはもの凄いクールな車両の停め方をしており

そのあまりのカッコ良さに思わず写真を撮らせて頂きました・・・・・。

そんなある意味オモシロ過ぎる歓迎に

この後の仙台にての展開に、期待しないハズもなく

その夜の仲間達との再会を祝い、楽しい宴セッションに突入し

グワングワンになりながらも、次の日はまた海・・・・・。

そして夜は

嫁さんの実家でTVでオリンピックを観戦しながら養父さん達と酒盛り・・・。

で、次の朝一は

これまた久し振りである、ダニー達と合流して

少し離れた荒浜方面へ一緒に行き

前日よりもサイズアップした海で子供達とサーフィンしながら

その合間に

食すと、とても美味しいアサリの潮干狩りセッションを満喫し

009 そして更にその夜は

捕獲した貝と一緒に

ダニー家の盛大なBBQに家族で御呼ばれして

すっかり日本に馴染み、「なんちゃって外国人」と化したダニーと

そんなダニーをサポートし続けている優しく楽しい家族の皆様達と

あびるほどお酒と美味しい料理を堪能し

もうここ仙台に、何をしに来たのか解らないくらい

本当に楽しい夜を私は過ごさせて頂きました・・・・・。

そんなぐでんぐでんになりながらも

私達と一緒にBBQに参加していた

大阪からやって来ていたサーファーの皆さんとも仲良くさせて頂き

更に更に

アルコールが抜け切れず、腑抜け状態になっているのにもかかわらず

翌朝の朝一

最近益々サーフィンにハマっている長男に催促されながら

また少しサイズアップし、コンディションが整っていた「河口ポイント」にて

しっかりとサーフィンを満喫致しました・・・・・。

夜からそのまま朝一と

素晴らしいセッションを一緒に満喫した大阪の皆さんとは

また何処かの地で、必ずの再会の約束を果たし、海を後にした私は

伊豆よりも断然涼しく気持ちの良い仙台の風にあたりながら

嫁さんの実家にて、おもいっきり昼寝をぶっ込ませて頂き

そしてその夜

翌日に仕事のアポが予定されていた私は

何故か長男を伴い、嫁さんと次男坊を残し、一足早く

短くも楽しかった仙台の地を後に致しました・・・・・。

・・・・・

・・・

005んでもって

伊豆に帰った後は

約束してあったお客様との打ち合わせの仕事をしっかりと済ませ

何故か

初日、二日目と仙台にも訪れていたNG氏とまたまた合流・・・・・。

御前崎経由で訪れたNG氏と合流した私達は

波が無く、普通に海水浴場となっている海に見切りをつけ

「それならば!」、と

南伊豆方面の、シークレット的な穴場の磯浜スポットに向かい

そこで私とNG氏、大の大人(?)2人と

小学生のウチの長男とのヤロー3人で

おもいっきり磯遊びに夢中になり

終いには遊歩道の桟橋や堤防から海へのダイブ大会となってしまい

上の写真のように、中身はまるで小学生と同じNG氏も

ごらんの通りおおはしゃぎで

ウチのコゾーと、それこそ何十回といろんな格好でダイブして

周囲に居たその他大勢のお客様達に歓声をもらっている始末・・・・・。

そんな

子供がそのまま大人の体になってしまっているようなNG氏のことが

ウチの子供達は本当に大好きで

そんでもって

子供がとても喜ぶような行動を、子供達と一緒に心の底から楽しめるNG氏は

そういったシチュエーションには、本当に素晴らしい本領を発揮し

そんなイケメンでもある彼の姿と行動を

傍から眺めていた私は

彼がいまだ独身でいることの疑問に

首をかしげずには居られなかったワケでありました・・・・・。

・・・・・

・・・

そんなこんなで

翌朝は、台風11号のウネリが炸裂し

前日のフラット状態が、嬉しい誤算のオーバーヘッドコンディション!

そんなコンディションにサーファーとしての予感があったのか

前日の晩はアルコールの摂取量をずいぶんと減らし

朝一に海に繰り出した私達の予感が的中。

当然、遊泳禁止となった海はサーファーの独壇場と化し

その久し振りの興奮に

気分も一気にヒートアップし、速効でボードを抱え3人で海へ・・・・・。

コゾーにとっては、自分の限界サイズを超えた波に

最初こそ躊躇し、動揺もみせるも

大好きなNG氏もいて、いつもの海の仲間達も入っている海の環境に

「男」の踏ん張りと度胸を開花させ

アウトセットを何回喰らってもへこたれず

更には、しっかりとアウトセットに乗ることも出来

大きい波に対するモチベーションや、勇気や快感といったものを

「これでもか!!」

ってくらい体験することが出来ていました・・・。

無理はさせず、自分で考え、入るかどうかの判断をさせ

「チャレンジ」を試み、挑んだコゾーの姿勢は

これからサーフィンをもっと楽しむためには

絶対通過することであり

こんな経験が出来るだけでも、小学生である彼にとっては

よりリアルな「現実」としての感性と志が養われていくのではないかと

小さい体で、何発も波を喰らう姿をみながら

私のガキの頃には全く経験することのなかったことを

私の息子が味わっていることの意味を考え

私も波に乗りまくっていたワケであります・・・・・。

もうね、本当にこの日(土曜日)は

久し振りのサーフィンとなる波でして、もう兎に角、私も波に乗りまくり

好きなだけサーフィンさせて頂きました。

更に調子にのっていた私に至っては

普段は全く割れず

波が大きくなり、大潮と重なり潮が引いている時にはじめてブレイクする

沖のリーフの棚に

おもいっきり背中から叩きつけられて

お気に入りのタッパの背中の部分が裂け

背中と太ももを強打するという洗礼も頂き

興奮と戒めの両方を味わうことが出来たワケなんですが・・・・・。

そんなワケで

結局この日は3人共、がっつり3ラウンドもこなし

後半になって

落着き始めたコンディションに、コゾーは何も躊躇することもなく楽しみ

「波乗り合宿」、と

ワケ解らんこと言ってはるばるやって来たNG氏も、この波にご満悦し

渋滞を避けて、クタクタになった体で帰宅すると

遅れて帰ってきていた嫁さんと次男が迎えてくれて

更には

仙台でも合流していたソルジャーEND氏一家も我が家で合流し

その晩は、NG氏のバースデイも兼ねての宴をし

昼間の海での疲れ切った体に、私は知らない間に記憶も消え

気がつけば朝を迎え

まだ波の残っている海に

END氏ファミリーとNG氏、そして久し振りに揃った我が家族達と向かい

最後の夏休みの休日を楽しんできました・・・・・。

・・・・・

・・・

006 本当にこうして振り返っても

目一杯遊び通しであった夏休み・・・。

ここ何年の夏を振り返って想い返しながら

ど~考えてもやはり

家族の中で一番楽しんで、はしゃぎまくって、夢中で遊んでいるのは

私なのかも知れない・・・。

きっと私は、自分が夢中で遊びたいがために

子供達をも巻き込んで

自分の遊びに巻き込んでしまっているのかも知れません・・・。

父親らしいことって

私が一番理解していないかも知れないってことを

なんか、何故か、ふと想っちゃったりもした

楽しい楽しい、充実した今年の私の「夏休み」なのでした・・・・・。

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

もうすぐ夏休み。

Dsc00125あ゛・・・暑゛い゛っすね・・・。

今年の夏は「暑い」を通り超して

全てに濁音をつけて「暑゛い゛」ってなっちゃうくらい「暑゛い゛」です・・・。

んな中、先週は週初めから4日間くらい台風スウェルがヒットしてくれましたが

週末から無くなってしまった波は今週も引き続き

海は海水浴にもってこいなコンディション・・・。

んで私のお仕事の方は

今週末からの「夏休み」に向けてスパートとなっているワケでありますが

ほんっとぉ~に暑゛ぐて現場はヤバイです・・・。

んでもって

汗だくになり、疲れた足を引きずりながら帰宅すると

ウチの次男坊の夏休みの宿題のことで何やら家の中が騒がしい様子・・・。

採点役の嫁さんは、コゾーの「珍回答」に涙を流してのたうち回り

長男も腹を抱え、のたうち回っている・・・。

「どれどれ・・・。」

と、興味をそそられ、私も「珍回答」を覗いてみたのが

上の写真の問題・・・。

えっと、皆さん、この問題の答えは解りますか?

この問題の答えはわざわざ書かなくても、見たまま書き順通りに書くと

「円」という漢字になる予定でしたが

うちの次男坊は、流行りの「ヘキサゴン」精神の持ち主である為

全くのオリジナルであろう「文字(漢字?)」を完成させてしまっているのでした・・・。

こ~んな「珍回答」はほんの一部で

ページをめくる度に飛び出す「珍回答」に

「流石、わが子よ・・・。」

っと、口には出さずに黙ってうなずいていたのは

父親である、私だけなのでありました・・・・・。

・・・・・

・・・

まっ

夏休みの宿題なんてものは、学校が始まる寸前になって

死に物狂いでやり通して終わらすような

私のガキの頃と比べれば

「珍回答」でもなんでも、その「夏休み帳」のほとんどを終わらせた次男坊は

それはそれは大したもんであり

宿題の「しゅ」の字も考えなかった私と比べれば全然優等生ですよ実際・・・。

・・・・・なんてことを

嫁や子供達の前では絶対に言えないワケですが

「夏休み」にしか出来ないことの

私から子供達への宿題は

私が「夏休み」に入るこれからが本番です。

こ~んなことが実は一番大事だと想っているのは

私だけでしょうか?

海へ山へと汗流しながら子供達と遊ぶ「夏休み」は

子供達はもちろん

父親である私にとっても、本当に貴重な時間となるハズですからね・・・・・。

・・・・・

・・・

つーことで

今週末から、第二の故郷である東北の地に帰省します。

仙台の皆さん、またよろしくお願い致します!!・・・・・

 

Fatboy Slim - It's a Wonderful Night Remix Video

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »