« Memory of 19 Vol.4・・・ | トップページ | お詫び・・・ »

2008年11月14日 (金)

Memory of 19 Vol.5・・・

Younger Brother-Ribbon on a Branch

先輩と待ち合わせしている居酒屋では無く

彼女が案内してくれた居酒屋で食事をしながら

彼女の勧めるままに、まだ慣れてもいない酒を口にしながら

先ほどの、電話越しにしゃべりきれなかった会話を、お互い楽しんだ・・・。

 

私の歳より7つ上だという彼女は

その当時の私から見ると、それはとても大人の女性に見え

お酒の効力が、今より数倍も早く効いてしまっている若造の私は

美しい大人の女性を目の前にして、二人きりでいるこの時間が

何より初めての経験であり

そしてこの、夢のような時間が、いつまでも続いてほしいとばかりに

私自身のことを語るよりも、彼女の話すことだけを

赤ら顔につくりのない笑顔で、ただただ楽しく聞いていた・・・。

いや正確に云うと、今でもその時の会話の内容は

ほとんど思い出すことが出来ないので

想ったより酔いのまわるのが早かった心と体は

その場の雰囲気を壊すまいと一生懸命にとりつくり

初めて経験するこの時間と雰囲気に

ど~しても、この後の展開を期待せずにはいられず

そんな若さゆえの、極度の緊張から来るものを

ただ見破られないようにしていただけなのかも知れない・・・。

きっとその時の光景は今思い返しても

どう見ても不釣り合いな男女にしか見えない、不自然な二人だっただろう・・・。

それでも私は心から、彼女との会話を楽しんだ。

それはこの日、この時が

初めて逢った二人とは、まるで感じさせることのないようにと・・・。

 

「ねえ。これからどうしようか?」

どのくらいの時間、どのくらいの酒を飲み

そしてどのくらいの会話を楽しんだだろうか?

楽しい会話の途中で、そう切り返してきたのは

目の前にいる、美しい大人の女性にしか見えない彼女からだった・・・。

どう答えていいか解らなかったが

私は、若さゆえの餓えを抑え込むようにしながら

少し間を空けて素直に答えた・・・。

「お・・・お任せします・・・。」

私の答えがすでに解っていたのか、彼女は少しの間も空けず返答した。

「それじゃ~、ここから出ましょ。」

 

目一杯の大人の男を演じてもみたが、そんな無理はしなくてもいいとばかりに

この居酒屋の会計は、私がトイレに行っている僅かな時間の間に

すでに彼女が済ませてくれていた。

そして、私も彼女の言うがまま彼女の好意に甘えた・・・。

建物の外に出ると、仙台の秋の冷たい夜風が

慣れない酒に暖められた私の体に、十分過ぎるくらい響いた・・・。

すると、姉が弟の心配をするように

私の様子をうかがいながら、彼女は私の手を取り、言う。

「んじゃ、行こ。」

さっきまでの、居酒屋でのおしゃべりな彼女が嘘だったように・・・

何もしゃべることなく、ただ「寒いね」、とだけ呟いた彼女は

何故か歩く進路に、何の迷いを見せることなく歩き続けた・・・。

私はそんな彼女のぬくもりを、酒以上の酔いを覚えるほど体に感じてしまい

高鳴る心臓が破裂しないように祈りながら

ただ黙って彼女に従って歩き続けた・・・。

 

そして二人は繁華街を通り抜け

人通りもまばらな、ある路地に辿りついた。

その路地の周辺に私は初めて訪れたが

何故か記憶にある場所であることに気が付いた・・・。

そう。そこは先輩が教えてくれた街の繁華街のはずれにある

今でこそは「ブティックホテル」と呼ばれる、ホテルのある通りである・・・。

ぴたりと寄り添い歩く彼女に悟られまいと

頭をキョロキョロさせることも出来ない私は、眼球の動きだけで辺りを見回し

高鳴る心臓が、震度4から一気に震度7まで跳ね上がる動きになった・・・。

そして彼女は何も言わぬまま

その路地にある一つの建物の中へ

何も抵抗する素振りも見せない私の腕を

細い両腕で抱えるようにしながら足早に引き入れたのである・・・。

この時私は

微かに震えていた私の腕の動きを

絶対彼女に悟られないようにと、ただそれだけを考えていた・・・・・。

 

 

 

 

Vol.6に続く・・・・・

 

 

 

|

« Memory of 19 Vol.4・・・ | トップページ | お詫び・・・ »

コメント

きゃ~~~~!!!(*/∇\*)
なんかすげ~ドキドキする~~~!!!
その後の展開が。。。。。♪
Yupeeさんにもそんな時があったのね~!!
続きが楽しみっす!!!

風邪やっと治りました♪v( ̄ー ̄)v

投稿: ☆mitsu☆ | 2008年11月15日 (土) 23:28

わぉcoldsweats01sign02
その後の展開ドキドキですhappy02
ホント打ち切りが上手すぎですっsweat01
週1ドラマに期待している気分になってますhappy02

そぉいえばこの間職場近くのCafecafeにいたら
隣のテーブルで女子2人に男子1人のグループが日中さながらドン引きTalkshockしてて...
(どうやら女子2人のお仕事は怪しげな仕事らしいですcoldsweats02
聞くつもりはちっともなかったけど、ボリューム大きくて正直笑えませんでしたぁbearing


投稿: チョロタン | 2008年11月16日 (日) 23:41

コラコラ・・・おもしろすぎです。
次っ!!
早く次っ!!

投稿: hide | 2008年11月19日 (水) 10:44

Yupee~ヤベえ~

マジでドキドキしてきた(*_*)

なかなかやるでねえの!Yupee!!

はやく更新して!

寝ないで仕事していいから!更新優先して!

投稿: Michi | 2008年12月 2日 (火) 12:50

皆様、コメントの返事が遅くなり大変すいませんでした・・・。
なんと、わたくし
この節季に体調を崩してしまい、最悪な状態となり
全く本当に何も出来ないでいました・・・。

でも、なんとか無事に生き返ることが出来ました。
そしてこれも何かの思し召しだと思えるような
とても貴重な経験をいたしました。
改めて人生の波の大きさに驚かされたこのひと月間でありました・・・。

で、これからもいろいろ頑張って行きますので
こんな場でも、わたくしとしばらくお付き合いしていただければ嬉しいですね!
つか、ホントに生きてて良かった・・・。

つくづくネタのきれない人生なのねオレ・・・。
そんな人生を、かなりびびりながらも楽しんでいます。coldsweats01

てなことで
これからもよろしくお願いしますsign03good

投稿: Yupee | 2008年12月14日 (日) 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184770/42919807

この記事へのトラックバック一覧です: Memory of 19 Vol.5・・・:

« Memory of 19 Vol.4・・・ | トップページ | お詫び・・・ »