« 奥深きも楽しいサーフィン道・・・ | トップページ | ブルー・ブルー・ブルー・・・ Vol.5 »

2009年2月16日 (月)

元気があれば、何でもできる!・・・

Dave Rastovich (Rasta) in the Free way

003あ~っと云う間に

2月もすでに前半が終わり

短い2月は残すところあと2週間程・・・。

目まぐるしいほど忙しく突入した新年も、気が付けばもう一月半も経っていて

寒い寒いと震えていた思いも

先週の金曜から土曜にかけて抜けていった低気圧が

「春一番」の嵐と共に、一気に吹き飛ばしてしまいました。

そんな陽気に、土曜日はTシャツで過ごせるくらい暖かくなり

それと同時に、海には私の待ち望んだウネリが届き

最高に楽しいサーフィンを満喫することが出来た週末

皆さんはいい波をゲットすることが出来たでしょうか?

更に私は

春を感じる陽気に、ほぼ満開状態の「河津桜」を眺めることで

一足先に体中で春を感じさせて頂きました・・・。

 

先週末、土曜、日曜と本当に良い天気に恵まれ

本当にいい波にありつけましたね・・・。

金曜の夜から吹き続けた嵐の南風は

ウチのボロ屋を震度3~4の、地震並みの揺れを与え続け

そんな状況なのにウチの家族は私以外

強風の爆音に負けないほどの寝息を上げ爆睡していました・・・。

そんな家族の姿を目の前にし

一家を守らなければならない立場である私は

独り取り残されたように、そんな状況に複雑な心境と恐怖が加わり

更には生暖かく寝苦しい気温と

翌日朝一の、波への期待が私の感情を大きく揺さぶり

本当にゆっくり寝付けない夜を過ごしていました・・・。

が、しかし

サーフィンにアツい仲間に恵まれたおかげで

私のもとに次々と届く、その仲間達からの、朝一の波情報コールに助けられ

私は皆に後れを取ることなく、大好きな某リーフの波を朝一から

胸もお腹もいっぱいになるくらい御馳走になることができました・・・。

そして更に

満面の笑顔で、体に丁度良いくらいの疲労を蓄え、海から上がると

今度はコンディションの整ったビーチブレイクの情報が入り

「なぁ~にいいいっ~?!」

ってなことで

そのまま車を飛ばし今度は次のポイントへ・・・。

 

良い波なら、100m以上も乗れてしまうリーフブレイクの波を

まだ人の少ない時間帯にありつくことができたおかげか

多分、その時同じ時間に入っていた仲間達の誰よりも波廻りが良く

そして一番乗りまくっていたと思われる私・・・。

そしてそんな後の、ご機嫌な気分を残したまま

移動した先のビーチブレイクは

教えてもらっていた朝一の情報より

若干サイズアップしていて

思ったよりもサイズのある波に加え、波数もまだまだ残っている状況・・・。

しかし、時折りやってくる「お掃除セット」の合間に割れる

形の良いセットの波は、疲れを忘れるくらい

本当に魅力的な波であることも確か。

それにまだハードコンディションなのか、人も少ない・・・。

こんな状況であれば当然

「こんな日を楽しまずに、どんな日が楽しめるんだ!」

とばかりに気合を入れ直し、暖かい陽気に濡れたウェットも全く苦もなく

速効でトイレと着替えを済ませ、第2ラウンドに突撃・・・。

しかし

前のセッションから1時間半くらい経過していたものの

リーフのロングライドに加え

そのピークまでのロングパドルを何回も繰り返していた

私の腕と足は、当然プルプル状態に陥っていて

多量に摂取したサーフサプリのアミノ酸の効果が

全く違うところで効いてしまったのか何なのか

何故かそんな時に限って、またまた波廻りの良い状況に・・・。

心はとてもハッピーになりながらも

当然身体中の筋肉はどんどんパンパン状態になることは避けられず

アウトに出る度に、タイミング良くセットのサイクルが合ってしまっていて

それはまるで私のいる場所に

波のピークがやって来てくれてるのかと

本当に錯覚してしまうくらいの波廻りの良さで

そーなると私は、ただただ調子にのり、後のことも何も考えられなくなり

形の良い、来る波、来る波を

全く見送ることなく、いい加減乗りまくり

「やば・・・どっかの血管がマジ、切れちゃうかも・・・・・」

と、良い波に乗る度に

やっぱりインサイドで次のセットを喰らい、大ハマりしながら

真剣にそんなこと考えてしまうほどでした・・・。

 

で、波が良かったことも重なり

体力がほぼ限界になるまで約3時間もそこでサーフィンしてしまい

ボードをやっと抱えながら、身体を引きずるように海から上がると、今度は

またまたこんな日に限って

私が海から上がったのを見計らったかのように

新規のお客様からの依頼のコールがあり

車の窓を全て全開にして走っても寒くも何ともなく

本当に暖かく、気持ちの良い春の陽気の中

次々と鬼のように私に襲い来る

殺されそうになる運転中の睡魔と命をかけて戦い

お客様の待つ場所へと、途中自分の会社事務所に寄りながら

約2時間近くの運転に、無事勝利することが出来ました・・・。

 

更に夜になると

日中、ビーチブレイクで一緒にセッションしたEND氏とそのファミリー

&いつもの(?)NG氏が加わり

今度は我が家で恒例の、夜の宴セッションへ突入・・・。

元気が有り余っている子供達は

同じくこの日、元気の有り余っているNG氏に全て一存して

私は翌日の波乗りに備えてはいたものの

呑むものはしっかり呑んでしまい、喰うもんもしっかり喰ってしまい

そんな中でのNG氏とEND氏の、絶妙な

オチが無いのに、何故か腹筋が鍛えられる会話を

本当はスルーしたいのに、ど~しても突っ込みどころが多いため

やっぱり私も会話に加わってしまうことになってしまう・・・。

そしてそうこうしてる間に、酔いも回り

時計が次の日を告げる前に、同じくクタクタとなっていたEND氏と共に

私も普通にKOされ、やっと撃沈・・・・・。

 

翌朝はしっかりと朝5時に目覚め、END氏とNG氏と共に

今回はおっさんコゾートリオで海にGO!・・・

目指すポイントは、前日までクローズコンディションに見舞われた

マイホームポイントへ・・・。

海への途中

朝焼けのまん丸で美しく大きな太陽の姿と、満開の濃いピンクに染まる「河津桜」との

絶妙で美しい自然のコラボレーションに遭遇し

その絶景にいい年こいたおっさんコゾートリオ3人は無言で涙し

たら、絵にもシャレにもならないようにキモいので

私の知る、「河津桜」の名木のある秘密のポイントに案内し

まだ人が誰もいない風景の写真を撮らせてあげました・・・。

 

んで、そんなすったもんだをして

目指すポイントに着くと、波は

やはりサイズはかなり落ち着いてしまったものの

セットの形は良く、まだまだサイズも十分楽しめるくらい残っていて

朝一のスーパーセッションに参加し

良い波を満喫したあと、毎月第3日曜日恒例となっている

朝のビーチクリーンにも、当然参加し

自然と海、それにかかわる全てのことや人達にも感謝しながら

海の仲間達全員で、ビーチを綺麗に致しました・・・。

その後も波はまだまだその形とサイズをキープしていたため

ウエットを着替えることなくビーチクリーンを済ませた私達は

そのまま2ラウンド目に突入し

001 私に至っては、ボードを「Alaia」に交換し

サイズのある波のコンディション時の「Alaia」のじゃじゃ馬ぶりを

とことん解らされたものの

そんな中でも、「Alaia」にて、とても会心の一本を掴むことも出来ました。

この経験は、本当に嬉しく

そんな状況を仲間達と、達人達と共に経験したことにより

私がまだ知り得ていなかった「サーフィン」の深く新しい部分を

また一つ感じ、掴み得ることが出来た貴重な経験となったのです・・・。

 

その後波は、風が入ると共にいっぱいの干潮に向かいながら

そのサイズと質も見違えるくらい落としてしまい

その本当のギリギリである午前中いっぱいを海で粘り

その日の良い波を満喫しきった私達おっさんコゾートリオは

海を後にし、途中で空きっ腹を満たし

更に私は、遠慮もクソも無く眠り込む二人を居ないモノだと思い

独り長いロングドライブの運転をしてあげるのでした・・・。

「こんな優しいオレには

きっと神様が、また素晴らしい波をプレゼントしてくれるに違いない・・・・・」

そう思わずにはいられないほど

前日に引き続き、心地よいほどの素晴らしくも殺人的な陽気のドライブに

これまた「河津桜まつり」の殺人的な渋滞も重なり

独り、とんでもないくらいの精神力で眠気と戦い続けなくてはならない私は

彼らの寝顔を横目で見ながら、音楽のボリュームをMAXにし

「こいつらには波、譲ってあげなくても神様怒らないよな・・・絶対。」

と、湧きおこる殺意をこらえながら

前の車との車間距離を気にしていた

今年一番の、春の陽気と波に恵まれた週末の午後でありました・・・・・。

・・・

 

つーことで

暖かく最高の週末を迎えることができた私でありますが

これからの時季、天候も荒れ易く、波も上がり易い条件が増えてきます・・・。

そして暖かい陽気に誘われるように

海にも当然多くのサーファーが押し寄せるようになるでしょう。

今回のような台風並みの風が吹き荒れた海は

いくら風波とはいえ、その威力は台風並みのものになったりもします。

そして、いくらセット間隔が長いとはいえ

潮の動きや、岸近くや沿岸では解らない風が遥か沖で吹き続ける影響で

状況が全く違くなるくらいの波が、突然数多く来たりします。

そうなると、突然強烈なリップカレント(沖への流れ)が発生します。

こんな状況のコンディションでのサーフィンは

当然ながらサーフィンの技量と、海の知識を備えている

エキスパートオンリーの状況となるのですが

場所によって、ある程度水深のあるリーフポイントでは

波が一定の場所でブレイクするため、ビーチブレイクの寄せ付けないほどの

ショアブレイク(一番岸側で崩れる波)が存在しない

(現実には存在しているが、気にならなくなるように見えてしまいます。)

ように見えるポイントもあります。

しかし、ウネリの水量はやはり硬い地形のリーフの方が当然あり

その波のパワーと厚みは岸から見たくらいでは解らないことが多いのです。

そして、もっとも気を付けなくてはならないのがカレントの強さです。

リーフポイントにブレイクする波の水量分の引き波であるカレントは

ビーチブレイクの比にならないくらいの強さとなります。

そしてこのカレントは潮の動きにも活発に反応、発生します。

更にこのカレント箇所は本当に知識あるサーファーでしか

岸から見てその存在を解かる人はいないのです。

私が愛してやまないある伊豆の有名な某リーフポイントがありますが

実際このポイントでも何人もの人が

このカレントの威力によって、誰かに助けられたり、救助される事故が起きています。

昨今の情報の早さや、そのポイントの許容の広さゆえなのか

そんな事故の起きた情報や状況よりも先に

このポイントの波だけに関することだけが優先されてしまい

まだそのポイントに入るべきレベル、もしくは入るべき心得が無い人達が

年を増すごとに増えてきてしまいました。

更にわざわざ他県から、多くの人数を伴ってやってくるサーファーもみられます。

このポイントは決して閉鎖的ではありませんが

逆にオープンなワケでも決してありません。

駐車スペース問題、地元漁師さんや近隣住民さんとの問題等

皆さんの知らないところで活動し、波が上がった時は

サーファーのために、何とか解放していただけるように掛け合っている

地元のサーファー等、多くのサーファー皆さんがいます。

私もこのポイントを愛するため、活動の協力を惜しまず参加しています。

そんな方達の努力を汚す行為にあたる、集団での行動、入水

または何とかなるだろうと考えるような、甘い曖昧な思いを持って

このポイントに訪れるサーファーは、絶対厳禁です!

この日もワケも解らないようなサーファーがいました。

寂しく、悲しい限りです。

いくら誘われても誘っても、入らない、入らせない

そしてレベルやポイントのことを考え誘わない、誘わせない

と、そう云ったことも重要でとても大事な勇気だと思います。

サーフィンに対する技量や知識は当然のことですが

それ以前にルールとマナー、そしてサーファーとしてのモラルの在り方を

しっかりと陸で完全に勉強してから、何処に行っても、どんなポイントでも

謙虚に海と、そしてサーフィンに接して行ってもらいたいと思いました・・・・・。

・・・・・

・・・

 

 

で、仕事と波乗りの忙しさにかまけ過ぎて

予告と違う内容となってしまった今回の記事でありますが

シリーズ連載は次回まで少々お待ちを・・・。

つか、誰も気にしてないなら言って下さい・・・。

トドメを刺すのは早い内にしてやって下さい・・・・・。

 

つーことで

次回は「シリーズ連載」の続きで

絶対行きます・・・・・。

 

多分・・・・・

 

 

 

|

« 奥深きも楽しいサーフィン道・・・ | トップページ | ブルー・ブルー・ブルー・・・ Vol.5 »

コメント

もうそっちは春やなぁ~うらやましい。
こちら、今夜は雪ですよ・・・snow

あと1ヶ月ほどの辛抱やけど、Yupeeの言うと~り春になれば海人口も増えるわけで複雑だよねぇ~
とうとう工事も始まったし、どう変わってしまうのか・・・今度帰って来る時の景色は違うかもよwave

それでも入れる場所がある事を祈るばかり・・・sweat01

投稿: ENMAM | 2009年2月16日 (月) 21:11

あ、絵文字が使えるhappy01
嬉しいっhappy02

週末Surfingwavenightの宴も満喫だったんですねnote

気持ちの高揚upupが十分伝わってきますconfident

今日ゎ先日の暖かさが嘘のようですねcoldsweats02
もう、寒いのなんていらないっsweat01

河津桜cherryblossom噂に聞いてますが見事らしいですよねhappy01伊豆は春ですねぇ...
早く暖かくなってwaveに入りたいですっdash

その前に陸トレしておかなくちゃですねcoldsweats01


投稿: チョロタン | 2009年2月16日 (月) 23:06

相変わらず元気ですね~~~up
私は無事レーシック手術できて今は運動もできず
おとなしくしてます。
サーフィンもスノーボードもまだ禁止です。
早く、視力UPした目で波乗りしたいですよ~note

投稿: ☆mitsu☆ | 2009年2月19日 (木) 19:39

>>Mam どもども。
「春だ~。」なんて言っていた矢先
次の日くらいに、こちらも朝一雪景色に覆われていて
もうびっくり!!coldsweats02
気候の変化が著しいこの季節は
体調管理は勿論
普段の服装にも困まりますね・・・。

つか、「新港」は大変なことになりそうですね。
哀しいけれど、そのこと(開発)は、「新港」というポイントが生れた時から
すでに運命つけられていたことでもあるワケで
自然が創り出す再生力と、決して人間が計算出来ない奇跡を信じて
新たなるポイントの誕生を祈りましょう!!

でもホント・・・そんな話を聞く度に
本当の意味でのサーファーとしての在り方と無力さを感じます・・・。
でも、オレ達が逢う時は、今度も「新港」でしょう!!good
 
 
 
 
>>チョロタンさん どもども。
絵文字が使えないってな時は
きっとサーバーメンテナンス時かサーバー障害の時だったのでは??

「河津桜」、今年は例年より10日くらい開花が早いそうで
来月の10日まで祭りは開催されていますが
すでに桜が散り始めていて葉桜になっているモノもあります。
もし来られるご予定があるのならお早めに!!cherryblossom
 
つか、今週は雨スタートで寒い日が続きそうですね・・・。
お体の体調管理に気を付けてバッチリトレーニングすることをお勧めします!
春は波がありますからね!!confident
 
 
 
 
>>mitsuちゃん どもども。
おォォォ~!!レーシック!!
無事、終わりましたか?!
ある意味うらやましいです!ものっ凄く!!
今度は水中でも、伊豆の綺麗な海の中でバッチリ目を開けられますね!
ん~・・・うらやましい!!

オレも来年あたり、うけちゃおうかな?手術・・・。
仕事に差し支えるから無理かな・・・。やっぱり・・・。
でも受けたい・・・crying

投稿: Yupee | 2009年2月24日 (火) 13:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184770/44083603

この記事へのトラックバック一覧です: 元気があれば、何でもできる!・・・:

« 奥深きも楽しいサーフィン道・・・ | トップページ | ブルー・ブルー・ブルー・・・ Vol.5 »