« ブルー・ブルー・ブルー・・・ vol.6 | トップページ | ケリー様劇場開幕・・・ »

2009年2月28日 (土)

ブルー・ブルー・ブルー・・・ vol.7

Underworld-Ring Road

そんな、すげ~ワケわかんね~世代が人の親になって

「おぎゃ~っ!」つって

俺が産まれた時の日本はな、誰のおかげか

その親の生まれた貧乏くせーしみったれた時代とは

ほんと、比べもんになんね~くらい

「みんなそこそこのお金持ち!」みたいな、恵まれた世の中になってたワケだ。

で、「これからは勉強だ!」ってことで

生きていくために本当に必要かどうか、全く分かんねー内容の勉強させられて

お受験だ~なんだと、無理やりさせられた最初の世代だった。

ガキのあの頃、正直きつかったな~。実際・・・。

まっ、おかげで

親が猛反対した、生物遺伝子学の博士ってのになることができたんだけどよ・・・。

がっハッハッハ!

 

でよ~、あまりにも勉強ばっかさせられてもおかしくなっちまうだろ?

んで、まだ大学入りたての、もんもんとしたセイガクん時

ある日、実験で使う砂浜の微生物やバクテリアのサンプルを海に採りに行ったらよ

海ん中、波乗りしてるサーファーがうじゃうじゃいたワケ

「なんだこいつら?バカか?夏でもね~のに・・・」

って、最初は思ってよ。しばらく眺めてたらな

「んなもん全然簡単に出来そうじゃん。」て、見えたワケ。

外で遊んだことね~オレでも

「んなもん、すぐ出来ちゃうよ!」って。

んで、しょっちゅう海でサンプル採りしてるついでに、軽い気持ちで

「サーフィンでもすっか。」って。

したらもぉ~大ハマり。違う意味で・・・。

がっハッハッハ!

今まで外のお日様が照りつくとこなんかで

全く遊んだことねーようなオレだったから

難しいなんてもんじゃなかったね。ホント。

「奇跡だよ。奇跡!このサーフィンてやつを器用に出来る奴は!・・・。」

てなくらいのインパクトがあったね。マジで・・・。

がっハッハッハ!

そんでよ~

「遺伝子学研究してる人間様だ!」っつって、今までいてよ~

自然相手にナメテるもんだから、本当に死ぬような目にあったりさ

しかも海の上で波にすら、けっちょんけっちょんにされてんのに

人間とも格闘しなきゃならないんだぜ。「波の取り合いだっ!」つって。

もぉーね、インターネット革命よりも衝撃的だったね。オレん中じゃ。マジで・・・。

がっハッハッハ!

 

そんなだからよ、もっぱら研究さぼって海に行ったら

サーフィンばっかりになっちまったもんな・・・。

だってよそんな興奮すること知らなかったもん。それまで。ホントに・・・。

がっハッハッハ!

でな、そんなして毎日海に漬かってサーフィンしてたらさ

今まで知らなかった海のことや波のことを

実際体験して知ることが出来てよ

今まで観えなかった海のことや自然のことが観えるようになってな

そしたら自分の今までやってきた生物遺伝子学の研究や実験も

嘘みたいに上手くいくようになったんだな・・・。

だってそん時の、けっこう名のある大学の、名のある教授だっつって

俺に言わせれば、ただ威張り散らしてただけの嫌な教授がよ~

「君のヒラメキと、可能性への探求心が成す実験の成果は天才的だよ・・・。

是非僕のために、研究論文を書いてくれないかね?!」

なんつって一気に、この俺なんかが一躍天才扱いだよ?!

ほんと、マジで、それこそすんげ~奇跡・・・。

がっハッハッハ!

でよー、まだこの奇跡っつ~のが続くのよ・・・・・。

 

 

 

 

Vol.8に続く・・・・・

 

 

|

« ブルー・ブルー・ブルー・・・ vol.6 | トップページ | ケリー様劇場開幕・・・ »

コメント

本文のこれ

そんなして毎日海に漬かってサーフィンしてたらさ

今まで知らなかった海のことや波のことを

実際体験して知ることが出来てよ...

正にその通りですよねconfident
今年始める頃にゎ去年の復習waveから始めないとcoldsweats01

ε-(;-ω-`A) フゥ… 頑張らなくちゃdash

投稿: チョロタン | 2009年3月 1日 (日) 20:01

>>チョロタンさん どもども。
そうなんです。
サーフィンに、そして海に向かう気持ちや行動を行える精神力を鍛えながら
それを持続させるため
普段の生活自体のスタイルを変えることが出来るからこそ
サーフィンや海への情熱が維持できるワケです。
その結果、それ以外の仕事や生活も充実できるワケなんですね。

理想は現実と離れたところで中々形にならない
もしくは全く形にならないから理想なんですね。
それに反して
思ったことを行動することは必ず現実となる行為だとオレは思っています。
あらゆることを行動によって形にすることも
「サーフィン」の一部だと思います。
何故なら、海に行くことだけがサーフィンでは無く
海までの道のりもサーフィン。
サーフィン出来る週末まで仕事を頑張ることもサーフィン。
海の帰りのあの気持ち良さも、またサーフィンなのですね。

ストイックな部分を自分なりに維持して持ち合わせることにより
普段の生活がより上手く行くようになるのがサーフィンであると
オレは疑うことなく行動しています。
頑張る部分は海の中だけかな・・・confident

海はいつでも待ってくれていますよ!
ゆっくりモード切り替えて行きましょう!!happy01


投稿: Yupee | 2009年3月 2日 (月) 16:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184770/43677426

この記事へのトラックバック一覧です: ブルー・ブルー・ブルー・・・ vol.7:

« ブルー・ブルー・ブルー・・・ vol.6 | トップページ | ケリー様劇場開幕・・・ »