2006年8月29日 (火)

Blue Horizon 

10000075051_s1 今さらながら、

「Blue Horizon」 

皆さんはもう見ましたか?

いやいや、

ライフスタイル全てが「サーファー」という人ならば、

必ず持っているハズでしょう。「Blue Horizon」を・・・。

なんて

偉そうに豪語するのは

それ程にこの映画が面白く、数あるサーフムービーの中でも

飛びぬけて傑作であると思っているから。

私がだけど・・・・・。

んで、

内容は二人のサーファーをフューチャーして、

その二人のサーファーをドキュメントタッチで追っているんだけど、

一人は誰もが知っている3×チャンピオンのアンディー・アイアン。

そしてもう一人は

この作品が世に登場するまでは、ほとんど無名に近い存在だった

デイブ・ラストビッチ。こと「ラスタ」だ。

そして監督は、

Billabong作品ではすっかりお馴染みの巨匠、

ジャック・マッコイ。

なにがイイって、

見ればサーファーなら誰でも「面白い!」と思うハズだが、

やはり、

今までサーフムービーを撮り続けてきたジャックの集大成的な内容になっていて、

フューチャーしている二人のサーファーが、

今をときめくコンペサーファーと

コンペ以外のサーフィンで食いブチを立てているフリーサーファー

ってところ。

更に

この二人のこれまでの経緯、果ては家族まで、

本人達の本音を加えながら、

サーファーだけの視点じゃなく、

サーフィンを知らない人が見ても分かるようにしている

ってところにもジャックの気合が感じられるし面白い。

実際、アンディーは

この仕上がった作品を見た直後、

ジャックに本気で怒ったという逸話もあるほど

アンディーにはチトキツイ内容になっているのも確かだ。

それと

サーフシーンもジャックらしくしっかりと満載されていて、

チョーポーでのフリーサーフィンは圧巻。

私的には

アンディーがものすごくサーフィンがすごいのは当たり前なのだが、

それに負けず劣らず、

すごい波ですごいチューブをバンバン抜けてくるラスタを見て、

一発で惚れた。

更に

このラスタのとーちゃんがひじょーに素晴らしい。

ニュージーランドの海と自然に囲まれた環境の中で

今の日本人が忘れてしまった、

大切な考えや教えみたいものを、

今もしっかりと持ち、そして子供に伝えている。

本当に素晴らしいです。

そして

ジャック作品には欠かせないバックミュージックも

かな~りカッコイイ!

ラストのコールドプレイの曲が流れる中での

アンディーとラスタのシーンは

ひじょーにカッコ良く、

フルボリュームで見ていた私は

鳥肌出まくりで感動したほどだった。

それと、

まるで、アンディーとラスタのサーフシーンに合わせて作ったプロモビデオのように

曲が聴ける特典映像なんかもあって、

DVDの見れる車には

チョットトリップ等のお供に役立つこと間違いないだろう。

つーことで、

今さらながら

「Blue Horizon」

を紹介したワケなんですが、

私から見た

この二人のサーファーは

どっちにしろ次元の違う生活を送っているワケで

私なんかはもちろん、

当然、当たり前だけど

この二人のようになれるワケでもない。

だけど

この作品を見ると

何か言い知れない影響みたいなものを受ける。

まだ見ていない人は

是非見るべき。

コンペサーファーもそうじゃないサーファーも。

「へ・ナル」

最高の楽しみを与えてくれるモノですから・・・。

あぁぁ~

海行きてぇぇぇ・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)